誰かが始め、広がっていく・・・

f0119179_21461411.jpg感無量」の記事を書いて4年、あちこちの病院で「ドトール」を見かけるようになりました。阪大病院は「スタバ」があるし、府立医大には5月に「カフェドクリエ」が出来ました。そして4階には先月京都ホテルオークラのレストラン「オリゾンテ」がオープン。岐阜の松浪総合病院が空港みたいなロビーや設備で驚いてから15年以上経つでしょうか、京都で病院にホテルレストランが出来るなんて、まさに感無量です。
レストランは様子だけ見て、この日は1階の「カフェ・ド・クリエ」へ。イタリア栗のモンブランや北海道産えびすかぼちゃのタルトなどの秋のスイーツの販売が始まっていました。アイスカフェオレ(310円)を注文して席に着くと、近くにはパジャマ姿の男性が付き添いの女性とカフェタイム。こういう施設を待ってたんです。「認知症の人と家族の会」の高見国生さんは初の認知症専門病院は1984年に岡山で誕生、デイサービスなんて言葉すらなかった83年に群馬で認知症の人を預かる施設ができ、87年島根に小規模多機能施設を開設した人がいたと著書の中で書いておられます。必要性に気づいた人が始め、それに賛同する人が集まって、社会が動く。これが本来のトレンドですよね。クリエの新規オープンに医療施設が多いのを見ると、今やそういう時代なのだと思います。当ブログは行列のできる店も有名人が作る料理も出てこないので、京都のグルメ情報を求f0119179_2231424.jpgめる方には期待はずれで申し訳ないですが、大事なことを始めた人達の動きに気づき、応援できるブロガーでありたいと思っています。
★カフェ・ド・クリエ
京都府立医科大学
附属病院店
075-241-3156
7時~21時
(土日祝8時~18時)
http://www.pokkacreate.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2011-09-15 22:40 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16559795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< クロアのパンがいっぱい すっごいお得! >>