だし巻食べ比べ

f0119179_053321.jpgモモ母宅周辺は問題なかった台風15号だけど、首都圏では帰宅困難者続出、東北では床下浸水した仮設もあるとか。どうぞ被害がこれ以上拡大しませんように・・。
そんな時にお気楽な内容ながら、「フランジパニ」さんに行く前、そうだ、今日は金曜だと思ったモモ母、「柴半」に電話して鞍楽ハウディに出店してることを確認。途中、「高田川魚店」にも寄って、だし巻の食べ比べを致しました。手前大きいのが高田さん、奥の小さい方が柴半さんのです。柴半は400円の通常タイプのほか、320円のこぶりサイズがありました。冷蔵庫で2日後まで持つそうですが、その日のうちに食べたいという高齢のお客さんのニーズに合わせて食べ切りサイズを販売してるそう。一人暮らしや高齢者夫婦には、丁寧に作られた中食の存在は有難いですね。写真だと良く似てるけど、目で見ると結構違う。高田さんのは表面が乾きめでつるんとしてるのに対し、柴半さんのはだしがにじみ出てます。小ぶりサイズだからか、巻き加減も柴半の方が細かい。断面にもだしのにじみのような小さな粒々が見える。高田さんのは断面もサラッとしてます。食感は意外と高田さんのが滑らか。f0119179_1174964.jpg卵重視なら高田、だし重視なら柴半ってとこでしょうか?モモ母的にはツートップです☆
★柴半 
丸太町知恵光院西入
075-822-5562
★高田川魚店
烏丸北大路南西角
075-451-6701
[PR]
by mmcmp | 2011-09-22 01:20 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 箸置きのつもりで・・・ 雑誌を見ながらカフェタイム >>