本の世界に誘う空間

f0119179_0493785.jpg2年ぶりに「さんさか」を訪れた帰り、そういえば「月と六ペンス」にも最近行ってないなと思ったので、先月末に訪れてみました。ご無沙汰している間にメニューが少し変わっていて、バゲットサンドも北山紅茶館のスコーンもなくなっていました。なので珈琲プレート(700円)をオーダー。バタートーストかチーズトーストを選べ、先日の「さぼうる」のピザトーストの印象がまだ残っていたこともあってチーズにしました。それに珈琲とサラダがついてきます。こちらの珈琲はかなりストロング。ガウディ好きのモモ母は「さんさか」の珈琲の方が好みだけど、こちらのもチーズトーストと合わせるにはちょうど良い感じ。ジェントルコーヒーの豆を使っておられるそうですが、ジェントルコーヒーで飲むより「月の六ペンス」で飲む方が美味しかったりします。
この店は一人でふらりと立ち寄って、本の世界に小旅行したい人には最高f0119179_1145826.jpgの空間。並べられている本も岩波文庫だったり、絵本だったり、旅行関係の本だったり。よそより純文学が多いのも、本気度を感じるし、お店のサイトで蔵書リストを公開してるところも本好きさんウェルカムという姿勢が窺われます。素敵なオリジナルブックカバーをこの日もひとついただいて帰りました。
★月と六ペンス
二条通高倉西入る
090-9058-8976
12時~20時日休・祝不定休
http://www.tsukitorokupensu.net/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-10-13 01:16 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16679847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 5客で1セットでした 「エリオットアーウィット展」 >>