ドイツパンといえば・・

f0119179_22302975.jpg「カフェ・ミュラー」がとっても気に入ったモモ母。そういえば涼しくなったことだし、「ユノディエール」に行ってみよう・・と思ってモモと出かけました。錦鯉を見たのはその帰り。ドイツやフランスのパンが充実する「ユノディエール」ですが、モモ母にはピタサンドなどのサンドイッチが美味しいお店。ただ、家から中途半端な位置にあるため、暑い時期にはとても歩いて行く気になれず、ご無沙汰してしまいます。今回も2月以来の訪問です。
ショーウィンドウの人形がトナカイのかぶりものをしてるのを初めて見ました。横にはクマのツリーもあってクリスマスムード。手にしたボードに書かれた今月のパンは「ラウケン・ブレッツェル」(180円)。「カフェ・ミュラー」の食事メニューに白ソーセージとブレッツェルのセットもあって、心引かれていたのでした。サンド類は「チョリソートルティーヤドック」(350円)と「クロックムッシュ」(350円)を買って、銀紙に包まれたクロックムッシュは帰宅後そf0119179_22523678.jpgのまま冷凍庫へ。大好きな「アップルクラウン」(480円)も買いたいところをグッと我慢して、またの機会とすることにしました。ブレッツェルは塩味が効いて、かみ締めるほどに味わいがあります。ただ、翌日食べたら硬さが増してました。それでもシンプルに作られてるから美味しさはさほど変わらないんですが、当日に食べる方がおススメです。
ユノディエール
左京区下鴨松ノ木町
075-722-8714
7時30分~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2011-11-22 22:55 | 京都でお買い物 | Comments(3)
Commented by 葉っぱ at 2011-11-23 02:48 x
川端丸太町の「リンデンバーム」さんへ行かれたことはおありですか?昨年の夏、ホワイトソーセージ、レバーパテ、マスタードを購入しました。ソーセージ、パテは本当に優しい味で、両方とも普段は苦手なのですが、基本に忠実に作ってらっしゃるのは市販物と全然違うなぁと、目からウロコでした。
Commented by 葉っぱ at 2011-11-23 02:50 x
その時ご主人がソーセージよりも熱く説明して下さったのがマスタードでした。ドイツではソーセージには甘いマスタードなのですが、日本になかなかなく、探すのに苦労されたそうです。「明治屋にもない!」とおっしゃってました。瓶の説明書きには、ホワイトソーセージもしくはミートローフにプレッツェルを添えて食べるのがバイエルン地方の伝統なのだそうです。ミュラーさんのマスタードはどんな感じでしたか?
Commented by mmcmp at 2011-11-23 19:13
「リンデンバーム」さんは行ったことないですね~。何となく行きにくい場所にあるイメージだったんですが、川端丸太町ならヴィラ鴨川からも近かったんですね。今度行ってみます。
カフェ・ミュラーさんのマスタードはどちらかと言うと大人しめだったと思います。マスタード自体に特別な印象はないけど、でもソーセージにもじゃがいものサラダにもよく合ってました。きっとソーセージとパン類とマスタードの三位一体の美味しさがドイツ伝統の魅力なんでしょうね。甘いマスタード、興味津々です。
<< モモタロウくんとコタロウくん 鴨川に錦鯉!? >>