吉田山にて

f0119179_23505811.jpg水曜は打ち合わせの後、営業マンKさんと吉田山荘のカフェ「真古館」へ行くことにしました。が、南西方向から向かったら、何故か吉田神社の麓で行き止まり。近くに停まっていたタクシーの運転者さんに行き方を聞くと、これから行くから後ろから着いて来てといわれ、着いて行くと、細くて急な坂道をぐるぐるまわって一体どこをどう走ってるんだか・・・状態に。右折できるかしらん?な狭い角を曲がったら、目の前に門が見えました。送迎客を乗せつつ、ここ、ここ、と指差す運転手さんにお礼を言って、中に入りました。
真古館は昭和7年東伏見家別邸として建てられ、現在は料理旅館となっている吉田山荘の敷地内にあるカフェ。吉田山の中腹に位置するとあって、2階の窓からは住宅街が見下ろせ、東山もすぐ近くに見えます。モモ母たちの席の目の前には楓が日に照らされて赤く輝いていました。同じくf0119179_0292110.jpg吉田山にあるカフェMが野趣あふれる感じなのに対して、こちらは菊の御紋が格式の高さをうかがわせます。ブレンドコーヒー(735円)には秋の俳句が添えられて出てきました。これがすらすらと読めればよいんですが・・・。でも、大丈夫、ちゃんと解説がついてました。ゆっくり寛いで、帰りは神楽岡通りから今出川に出たので、すんなり帰れました。
★真古館
吉田下大路町 吉田山荘
075-771-6125
11時~18時 不定休
http://www.yoshidasanso.com/
[PR]
by mmcmp | 2011-12-15 00:35 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16951511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 見上げる 別々が好き☆ >>