それぞれのカタチ

f0119179_23582197.jpg新大宮商店街の「昼行燈」を今年初めて訪れました。昨年末に伺った時に京都新聞の記者さんが来られ、ご店主を取材されていたんですが、その記事が1月5日の朝刊に掲載されました。「幸せ自在~それぞれのカタチ④」というタイトル。昨年長期休業された後、営業時間が大幅に短縮された上に頻繁に臨時休業されるのは、娘さんが生まれ、店主の井上さんが育児を担当されてるからでした。記事は出産後職場復帰されたグラフィックデザイナーの奥さんと赤ちゃんのサポート役に徹するという内容で、実にうまくまとめられていて感心しました。娘さんが急に熱を出したら開店時間を遅らせてお医者さんに連れて行ったり、カフェを休んでお世話したり。お店にはそれもアリだよねというお客さんがやって来ます。
この日は最近ギャラリーをオープンされた写真家Aさんが現代アート事情を話してくださり、モモ母は興味津々。近年開館した六本木の美術館は建物は斬新なのに現代アートに対応してなくて展示できないとか、上野の美術館はいつも行列してるけど、照明のプロがライティングしてるから京都で観るより良い等、美術館事情も教えてもらって「へぇ~」。京都の美術館f0119179_0455021.jpgは照明がイマイチらしいけど、何必館はわかった人がやってるとのことで、やっぱりねと思いました。これからの仕事の抱負を語るAさん。金儲けは二の次で自分の価値観に忠実な生き方をしている人たちって良いですね。「カフェオレ」(500円)をいただきながら、タメになる話が聞けて楽しいひと時でした。
CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816
11時~16時30分 
土日休 不定休あり
[PR]
by mmcmp | 2012-01-24 00:49 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/17110878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< モモの食欲 嬉しいprice down! >>