「てぃんがーら」で地ビール飲み比べ

f0119179_2294523.jpg月曜は一乗寺の「てぃんがーら」で、番組ADや電話受付をしてくれていたバイトさん達の送別会をしました。「てぃんがーら」は「こころの医療宅配便」の著者でもある精神科医・高木俊介さんが経営するビアダイニング。隣接の地ビール醸造所「一乗寺ブリュワリー」の地ビールが飲めるお店です。・・・と言っても飲めないモモ母はシークワーサージュースだったので、残念ながらビールがどのくらい美味しいのかちゃんと説明できません。でも18日の京都地ビールフェスタをはじめ市内の地ビールイベントに出店しているので、ご存知の方も多いはず。4月には伏見「さくら祭り」で寺田屋そばに、5月の地ビール祭京都では三条商店街にも登場予定です。
上の写真は「てぃんがーら」に新しく登場した「飲み比べセット」(800円)。その日の4種類の地ビールを125ミリリットルずつ味わえるんだそうで、月曜は左からみかんのエール、黒麹エール、アンバーエール、りんごのエールでした。みかんのエールは京大生T君いわく柑橘系の甘みがあって、飲んだ後にビールらしい苦味が残るのだとか。沖縄出身の店長が作る料理はソーメンチャンプルーやラフテーなどの沖縄料理がメイン。爆弾みたいなもずくの天f0119179_2245264.jpgぷらがとっても美味しかったんですが、写真を撮り忘れたので、「にんじんシリシリー」を。高木先生は福島や仙台など各地で精力的に講演や支援活動をされ、防護服を着て原発数十キロ圏内にも行かれたんだとか。さすが“闘う精神科医”は健在です。
★てぃんがーら
一乗寺出口町
075-702-2002
11時30分~14時
18時~23時
(日11時~16時) 
水休
http://www.tingara-ichijoji.com/
[PR]
by mmcmp | 2012-03-20 22:58 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 11年経ちました★ ポイントカードが2種類に★ >>