美味しい珈琲への道6

f0119179_21572473.jpg買い物の帰りに北山大宮の「サーカスコーヒー」さんをのぞいてみました。こちらは販売がメインですが、本日の珈琲などを350円で飲むことも出来ます。深煎の「バリスタブレンド」をお願いしました。
途中で、淹れておられるところを見たら既に行程の半ばあたり。細くゆるやかなお湯が1点に注がれています。これまで見せてもらったカフェのご店主は、円の大きさは違っても皆さんまわしておられて、1点に注ぐ淹れ方は初めて。お湯が注がれてるのは同じ場所だけなのに、豆全体が油圧式エレベーターでゆっくり上がるみたいに見事に膨れ上がっていき、珈琲が生きてるって感じです。ご店主いわく、深煎の方が豆が乾燥してるから余計に盛り上がりやすいそう。お店では一杯に15グラムの豆を使うそうですが、同じグラム数でも浅煎の方が水分を含んでる分だけ深煎よりかさが少なくなるとか。なるほど、フィルターの目盛りで1杯分までという曖昧な入れ方をしてたけど、きちんとグラム数を計っていれるべきですね。ちなみに注ぐ時にまわさないのは、メーカーで仕事をしていた時の淹れ方だそう。円の描き方が変わると味がブレるため、豆そのものを評価する時は常に同じ場所にお湯を落としてチェックするんだそうで、最初の蒸らしの時はまわして淹れるそうです。
バリスタブレンドは第一印象がすごく好みの味で、思わず美味しいお菓子を食べたくなったけど、飲んでると意外とスッキリ。モモ母はもう少ししっかf0119179_22495768.jpgり方が好みかな。でも、苦味とコクが強い珈琲は後で結構こたえるんで、夜に飲むならこういうのが良いかも。ほかの深煎も試したいと思います。
★サーカスコーヒー
紫竹下緑町
075-406-1920
10時~18時 日祝休
http://circus-coffee.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2012-03-26 22:46 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 「上田普、仕事中につき・・・。」 「図解 原発のウソ」 >>