お土産は地元スーパーで

f0119179_21375084.jpg金曜の午後、今出川駅から烏丸通りを南下していたら、車道を牛が歩いていました。18日は上御霊神社の御霊祭。京都で最も古い祭りといわれるんだそうで、神輿や牛車が練り歩きます。牛さんはその行列に参加する模様。車が傍をビュンビュン通ってるのに大人しいですね、とモモ母が言うと、連れている人が「全然平気」とおっしゃってました。
話は変わりますが、冷たい飲み物が心地よい季節になって、炭酸ソーダが冷蔵庫に欠かせないモモ母家。今、愛飲しているのは広島に行った時に広島駅地下のスーパーで買った川根柚子の「生搾りゆず酢」です。農薬を使わずに栽培した柚子の果汁で、ラベルには「人に見えないことを大切に」と書かれていました。上部に浮いているのはゆず果汁の油脂分で、この中にはゆずの香りが多く含まれているんだそうです。例えるなら、光食品の有機ゆず酢がすだちみたいな緑の味なのに対して、こちらは夏みかんみたいな黄色い味。同じゆず酢でも印象が随分違います。駅地下のスーパーで結構良いf0119179_220187.jpg広島土産が買えると、広島出身のMさんが教えてくれたんですが、モモ母はいわゆる土産物の売店でなく、地元スーパーでお買い物をするのが好き。カナダのバンフでも、地元の人が行くスーパーにはメープルシロップが観光客向けの土産物屋よりずっと安く売られていました。広島のスーパーでは、京都で見かけないようなオタフクソース商品が何種類もあって、「牡蛎の旨みの焼そばソース」を事務所のS君へのお土産にしました。
★ 川根柚子振興協議会
0826-58-0330
http://kawaneyuzu.com/top.html
[PR]
by mmcmp | 2012-05-18 22:08 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)
<< 智恵光院のカフェマーブル ぽこぽこ・・・ >>