ターシャ・テューダーと輝く庭の絵本

f0119179_245238.jpg小さな絵本美術館カフェ「響き館」。昨年秋に訪れてとても気に入ったのに、その後行く機会がありませんでしたが、今は「ターシャ・テューダーと輝く庭の絵本」が開催中とのことで、これは行かねばと月曜に再訪しました。ターシャ・テューダーを中心に庭や草花、森などを描いた絵本が並び、モモ母が座った席のテーブルには「花さき山」が置かれていました。アイスの「カフェオレ」(550円)と「ふわとろ半熟チーズケーキと焼き菓子セット」(+480円)をお願いしました。お菓子は手作りのものを納品されてるそうで、半熟チーズが濃厚だけどくどくなくて気に入りました!
作家や詩人の言葉を集め、ターシャがイラストを添えた「喜びの泉」は「クリスマスに薔薇はいりません。5月に雪がいらないように」というシェイクスピアの言葉が印象的。「コーギビルの村まつり」は眠り薬で仰向けに眠るケイレブの格好がいかにもコーギーの寝姿で愛おしい。今回も「喜びの泉」の朗読DVDを見せていただき、その中に「永遠」という言葉が出てきました。f0119179_2444215.jpgターシャも登場するコーギーたちも、もうこの世にはいないけれど、「ターシャの庭」などに記された暮らしは読者の記憶に刻まれ、まさに永遠を感じさせます。朗読後に流れるピアノの自動演奏や、久々に聴いたラルゴの旋律も今回の展示にピッタリ。7月2週目辺りまでの展示らしいので、行けてよかったです。
★小さな絵本美術館カフェ 
響き館
白川通り宝ヶ池西入ル
075-708-7178
13時~18時 火・水休
http://hibikikan.com/
[PR]
by mmcmp | 2012-07-03 02:49 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/17720996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ペットを看取るということ さくらちゃんはわかってる!? >>