宵山のお約束

f0119179_2251243.jpg四条烏丸の接骨院に行った帰りに祇園囃子のお稽古が始まったなと思っているうちに鉾が立ち、金曜は鉾町でちまきやてぬぐい、うちわ等を売られ、祇園祭らしさが一気に高まっていました。とは言え、蒸し暑い中、ゆっくり宵山見物する気にはなれず、毎年祇園祭の時期だけ限定販売される「膳處漢(ぜぜかん)」の「しみだれ豚饅」(400円)を買ったら、さっさと接骨院へ行って帰りました。
初日のせいか、雨のせいか、はたまた午後5時頃という早めの時間帯のせいか、今年も拍子抜けするほどすんなり買えました。2009年の行列がウソのようです。出来るだけ早く食べて欲しいそうだけど、冷蔵庫に入れておき、食べる時にチンすれば翌日でも大丈夫とのこと。ふんわり生地に包まれたあんは椎茸が入ってるのが好き。モモ母は帰ってチンして食べましたが、おすそわけした事務所のS君はフライパンで温めて食べたそうで、無茶f0119179_22264616.jpg苦茶美味しかったと言ってました。なるほど生地がごついから、表面をカリッとさせても中はやわらかく、具がたっぷりで、レンジでチンするより美味しいものかも。ちなみに今年も精神科医・高木俊介さん経営の「一乗寺ブリュワリー」の地ビールが蛸薬師通りの烏丸と東洞院の真ん中あたりに宵山期間中に出店するそう。ビール好きの方は豚まんとセットでお楽しみ下さい☆
膳處漢
錦小路室町西入ル
075-257-5766
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/i100041.html
[PR]
by mmcmp | 2012-07-13 22:29 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「タペストリーホワイト」 京都の街中で飲める☆ >>