知らない間に

f0119179_22275439.jpg六角新町に新しいパン屋さんが出来てるというので、銀行の帰りに寄ってみました。「花かごパン」という小さなお店。オープンは今年4月だそうで、全然知りませんでした。人気と書かれた赤ワインのパンやバゲットも気になったけど、まずは「ベーコンエピ」(270円)とライ麦パンにサラミを挟んだ「夜のカスクルート」(300円)を。「夜の・・」というのはワインに合うからみたいです。
東京とフランスのレストランで修業されたので、ハード系を主体にしたいとのこと。「フランスなんてすごいですね」と言うと、「いえ、いまどき珍しくないです」とのことだったんですが、帰宅してネットで見てみると東京の店というのは「タイユバン」時代のロブションみたいで、やっぱりすごいじゃん!とビックリ。「クロア」が出来るまで、モモ母が一番好きだったパンは恵比寿の「タイユバン・ロブション」でした。でもタイユバンとは少し印象が異なります。タイユバンのパンが自己完結していたのに対して、こちらのパンはワインだったり、他の料理だったり、あくまでも何かと合わせることを考えて作られている感じがします。例えば「たま木亭」や「フリップ・アップ」みたいに自己主張の強いパンではなく、食事全体と調和するパン。その点もレストラン出身だからかも知れません。ということは、次はバゲットですね。ちなみにf0119179_22573758.jpgメメントモリ」のショップカードがあったので、パンを卸してるのかうかがったら、彼女がやってるお店なんだそう。「メメントモリ」にも、また行かねば!
★HANAKAGO
新町通六角東入
075-231-8945
7時30分~18時30分 日・第1.3月休
[PR]
by mmcmp | 2012-08-08 23:00 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by iroha at 2012-08-09 20:38 x
いやいや、赤ワインパンを是非食べて欲しい!赤ワインだけで練ってあるそうでお値段は流石だけど食べる価値はあります。

京都気づくと新しいパン屋さんできてるね。今日は「マハロ ヌイ」に行って来ました。
Commented by mmcmp at 2012-08-09 23:41
では、次回は赤ワインパンとバゲットにします。この2つが人気ナンバー1とナンバー2らしいですね。
最近、小さなパン屋さんがすごい増えてますよね。ハワイのサンドも機会があれば食べてみたいです。
<< アピちゃん、虹の橋を渡る 大好きなお兄さん☆ >>