フランジパニで聴くナット・キング・コール

f0119179_19435832.jpg今月二度目の「フランジパニ」です。9月も下旬だというのに、昼間はまだまだ暑い。でも、次に来る時は温かいものが飲みたいかも、と思って、この日はアイスのカフェオーレ(500円)をお願いしました。連休は混んでいたそうですが、平日の夕方とあって、ゆったりとした雰囲気。雑誌を眺めたり、持参した文庫本を読んだりして過ごしました。
途中からBGMがナット・キング・コールに変わりました。ナット・キング・コールってカフェで意外とよく耳にします。確か三軒茶屋の「マメヒコ」でもかかっていたような・・・。行く店にもよるでしょうけど、AKBとか今の曲って滅多に流れてこないように思います。「モナリザ」、「アンフォゲッタブル」など、家でもよく聴いてるのに、「フランジパニ」の居心地の良い空間で聞くと、家とは違った魅力があるから不思議。そういえば、「昼行燈」で流れてきたポール・デスモンドも家よりずっと素敵でした。と思っていると、「枯葉」が流れてきました。いつもは「スターダスト」とかの方がずっと好きなのに、この日は甘く艶のある声で歌われる「枯葉」が妙に切ない。モモ母が子供の頃、画家だった母は夏の終わりに秋の展覧会に向けて夜遅くまで油絵を描いf0119179_20135755.jpgていました。BGMはモノラルのラジカセで聴いていたカセットテープ。ナット・キング・コールではなくイブ・モンタンだったけど、「枯葉」もありました。キュンとしたのは、ずっと忘れていた遠い日の晩夏の記憶が蘇ったからのようです。今年も暑さが残っているとは言え、「枯葉」のメロディが似合う時期になったんですね。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245
10時~18時 
日休
※9月21日、22日は臨時休業されます。ご注意ください。
[PR]
by mmcmp | 2012-09-21 20:15 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/17989998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by harutin52 at 2012-09-21 21:32
そうですかー。
お母さん、洋画家さんだったんですか。
ラジカセで、外国の音楽を聞きながら油絵を描くなんて、小説に出てくるような光景です。
フランジパニさんも、平日ならゆっくりと本を読みながら寛げるんですね。
又、行ってみたいなー。
Commented by mmcmp at 2012-09-22 22:48
いやぁ~全然小説っぽくないですよ・・・。
アトリエとかが特別にあったわけでなく、タンスに100号キャンバスをたてかけて汗だくで描いてました。今、その部屋で寝てるんですが、ベッドの傍にビーナスの石膏像とかが置いてあるので、地震がきたらビーナスにやられるかも・・・と。
フランジパニさんは平日の遅い目か週末の朝に行くことが多いので、たいてい空いててゆっくり出来ます。かるみんさんもまた行ってみてください☆
<< いいかも☆ アンブルノアはなかったけれど >>