こんな店だっけ?

f0119179_21161124.jpg父を見舞った帰りに病院の裏辺りにある「膳部香蔵」に入ってみました。喫茶と洋食の店で、随分前に一度入ったことがあるんですが、町家とは言えいたって普通の店で、何を食べたか忘れたけど特に印象に残らず、その後も入ろうとは思いませんでした。でも、先月のある日、おなかが空いていたので満腹になれば良いや的な気持ちで再訪。ハンバーグ・エビフライ定食(1100円)をお願いしました。
暫くすると厨房からハンバーグをこねる音。へえ~、注文聞いてからこねるんだ。運ばれてきた味噌汁はたまねぎが良い感じだし、料理は付け合せも数種類の食材を使って、意外ときちんと作られていてちょっとビックリ。エビフライはこぶりながらタルタルが自家製で好印象。ハンバーグも安物にありがちなしつこさがなく、ちゃんとしてる。ここってこんな店だっけ?メニューを改めて見直すと、牛肉の味にこだわってミンチを使わず神戸牛の切り落としを刻んで作った手ごねハンバーグと説明されてました。うん、確かにさっき手でこねてたよね。コロッケも玉ねぎと人参をじっくり炒めて神戸牛と組み合わせた手づくりとのことで、次はこれだなと思って、金曜にも入って「ハンバーグプレート」(1200円)を頼んでみました。コロッケもさることながらソースがなかなか美味しい。デミグラス系だけど、ハンバーグとは別のソースを使っていて、これまた高評価。ごはんが白米と雑穀米を選べるのも気に入っています。ただプレートについてた食後の珈琲は割りと普通。多f0119179_21312562.jpg分、初訪問時は飲み物だけで、だから印象に残らなかったんだな、と帰り道で思いました。ここは喫茶でなく、食事で訪れるべき店だと思います。
★膳部香蔵
小山下総町
O75-431-8939
http://www6.ocn.ne.jp/~kasiwabe/
[PR]
by mmcmp | 2012-10-07 21:36 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 恋しくなるカプチーノ 新食感☆ >>