京の町家の秋の夕暮れ

f0119179_22401536.jpg5ヶ月ぶりに「Hifi cafe」を訪れました。レコードジャケットがディスプレイされた傍の席に座って「マンデリン」(450円)をお願いしました。メニューを見ながら、マンデリンって前からあったっけ?と思って伺ったら夏から始めたのだとか。前からあったらもっと頼んでいたはずなので、やっぱり・・と思いました。お店によって随分印象の違うマンデリン、Hifiさんでは糖度の高い良い豆を使っているとのことで、モモ母が好きなタイプの味わいでした。
ちょっとご無沙汰している間にもうひとつ変化が。2階をギャラリーにされたとのこと。11月に写真展が予定されているそうですが、今は催しはなく、友達の家を訪れたような京都らしい和室にご店主が集めたテーブルや年代物のレジスターなどの骨董が並んでいました。欄間の細工が凝っていて粋なお部屋。この辺りはまだ昔ながらの甍の波が残っていて、室内だけでなく窓の外も懐かしい雰囲気。眼下にはいつも縁側の席から見ていた坪庭が。この辺りは坪庭エリアだそうで、高いところから見下ろすと、各家の坪庭が一列に並んで続いているのだとか。「よその坪庭も見てf0119179_2354259.jpgみたいですよね」とご店主。坪庭そのものも見たいけど、各家の坪庭が南北のラインを作っている様子も見てみたいものです。京都に長く住んでるけど、そういう町家の工夫って知らないことがたくさんあります。西向き窓なので夕日がさすそうですが、この日は既に薄暗くなりかけていました。
★Hifi Cafe
新烏丸通夷川上る
075-201-6231 
12時~19時
http://hificafe.exblog.jp/
[PR]
by mmcmp | 2012-10-26 23:10 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/18106644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< グランディールの実力 「ニッポンの嘘~報道写真家福島... >>