グランディールの実力

f0119179_2225310.jpgモモ母はデニッシュは滅多に食べません。使ってる油脂類が悪いせいかベトベトした感じになったり、やたら甘かったりして本当に美味しいと思えるものが少ない。カロリーや脂肪分、糖分が高いくせに1個ではお腹が膨れない。でも食パンに飽きた父が朝食に菓子パンを食べたがるもんで、メロンパンだのデニッシュだのを買いに行ったりするワケです。
先日「グランディール」の堀川店に行ったら、入口の看板におススメとして3種類の新商品が紹介され「紅玉のリンゴを使用しております」と書かれていて、ちょっと心ひかれて、珍しく「ポム・フラン」(180円)というデニッシュパンを買ってみました。これがなかなかヒット。自然な甘さをいかしたリンゴが散りばめられ、クリームパティシェールと呼ばれるカスタードクリームとうまく調和して上品な仕上がり。デニッシュにありがちにくどさがなく、食べ終わった時にまた食べたいなと思いました。目新しさが重宝されるので、情報誌などに登場することが少なくなったグランディールだけど、その実力はもっと注目されて良いのではないかと思います。特に堀川店はモモ母が食f0119179_2314990.jpgべ慣れていることもあるけど、出来の良いパンがたくさんあります。
グランディール
堀川店

北区紫竹東高輪町
075-493-8077
7時~19時 
無休
[PR]
by mmcmp | 2012-10-27 23:02 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by 葉っぱ at 2012-10-27 23:32 x
ご近所にあるパン屋さんがグランディールって、すごいことですよね…。堀川と下鴨って、微妙に品揃えが違うのですよね。お気に入りが置いてあるのは下鴨だったりします。年中無休、朝7時から影響されているのもすごいですよね。
Commented by mmcmp at 2012-10-28 16:40
下鴨は滅多に買うことがないんですが、葉っぱさんお好みのパンがあるなら私も好きかも。今度近くに行ったら入ってみます!
確かに歩いていけるところにグランディールがあるのは重宝します。そういえば、淀屋橋で道行く人に某和菓子屋さんはどこか尋ねたら、近くまで一緒に連れてってくださったんですが、その女性はブランジュリタケウチの隣りに住んでるとおっしゃってました。羨ましい~!
<< 老舗料亭のお弁当 京の町家の秋の夕暮れ >>