五軒下でかぶら蒸し

f0119179_131267.jpgおかげで父は順調に回復して火曜に退院予定。じゃあ、食事の世話をしなくて良い間にご飯食べしようということになり、事務所のS君と「五けんしも」へ。町家和食の「亀甲屋」の姉妹店で、「亀甲屋」から五軒下(南)にある京薬膳の店。こちらも京都らしい築80年という町家を改装した店舗です。
ここ数日は本当に寒いので、モモ母のお目当ては「かぶら蒸し」(1000円)。すりおろしたかぶらで白身魚をくるみ、銀あんをかけてわさびを乗せた冬の京都の蒸し物料理の代表格。魚は鯛がよく使われますが、こちらはたらが入っていて、鯛より食感がなめらかでかぶらとのまとまりもよく、気に入りました。薄口醤油で上品に仕上げた「ぶりとかぶらの炊いたん」(850円)や「椎茸とりくねづめ天麩羅」(750円)、最後の「紅花焼き飯」(700円)までどれも美味しかったけど、かぶら蒸しと共に特に気に入ったのが「雲子ポンズ」。雲子のクリーミーさを引き立てるもみじおろしとポンズがとってf0119179_1414917.jpgもモモ母好みでした。お店の方も感じ良いし、また是非うかがいたいと思います。
★五けんしも
姉小路高倉上る
075-221-5508
17時~23時 
不定休
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kikkoya/gokenshimo/index.html
[PR]
by mmcmp | 2013-01-07 01:44 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 「無事、これ名馬」 こむぎの居場所 >>