美しき抹茶善哉

f0119179_1329985.jpg俵屋吉富」小川店に併設された「茶ろんたわらや」を訪れました。奥の席に座って以前から気になっていた「抹茶善哉」(840円)を注文。この抹茶善哉、メニューの美しい写真を見て興味津々でした。でも、善哉って喉が焼けるほど甘いものも少なくないし、どんな感じなんだろ・・と思うのと、秋から春にかけてしかやってないこともあって、これまで一度も食べたことがありませんでした。
運ばれてきたスープ皿のような大きな白い器には抹茶しか見当たらず。メニュー写真のような白玉は浮かんでなくて、すべて中に沈んでいました。スプーンで持ち上げてみると、抹茶と白の白玉や小豆が出てきて、見るからに美味しそう。早速いただいてみると、これが甘さ控えめでとっても上品。小豆の自然な甘さと抹茶の調和に老舗の実力を見た思いがしました。素材のf0119179_13473321.jpg持ち味をいかした味と言い、見た目の洗練具合と言い、本当に見事だと思います。最近いただいた中でもモモ母のお気に入り度ナンバーワン。ただし抹茶なので、熱々のお善哉で温まろうと期待する人には不向きです。
茶ろん たわらや
寺之内通小川西入る
075-411-0114
10時~17時 
火休
http://www.kyogashi.co.jp/a-index.html
[PR]
by mmcmp | 2013-01-20 13:50 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 祇園で17時までランチ ワイルドだろ?? >>