壬生寺の帰りに☆

f0119179_2293545.jpg今年も壬生寺にほうらくを納めに行きました。昨年数え年で「女13歳」と書いたモモにかわって、「女4歳」のむぎちゃんを書き添えておきました。帰りに西院に出ようと歩いていて、西大路の一筋東の通りに見慣れない店が出来ていたので、近づいて確かめると喫茶とアンティーク雑貨の店とのこと。入ってみることにしました。
奥の席に座って「ロイヤルミルクティ」(550円)をオーダー。しっかり煮出したロイヤルなミルクティでモモ母、大満足。「こじゃれたものはないけど、どれも丁寧に作っています」とお店の方。珈琲は「マサイの風」のものを使っておられるそうで、次は珈琲も飲んでみたいものです。ケーキは手作り市f0119179_223225100.jpgで人気だった「坂田焼菓子店」のもの。長崎県佐世保市から届くそうで、京都で扱っているのはこちらだけだそう。店は昨年10月オープン。ゆっくり寛げて近かったら度々訪れたいけれど、「節分の時しか来られないかも」と言ったら「でも一年に一度お会いするのも良いですね」と。節分に壬生寺に行く楽しみが増えました。
★サイドロップ
壬生西土居ノ内町
075-925-8009
9時~21時
火・第一日休
http://www.saidrop.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2013-02-02 22:36 | 京都のカフェ | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2013-02-03 00:32 x
この近くの「京小町食堂」へは、頻繁にごはんを食べに行ってました。あんなところに、このようなカフェができてしまうところが京都らしいなぁってつくづく思います。サイドロップさんの手前の銭湯を右折、直進し、さらに左折、嵐電の踏切を渡って、京小町食堂へ 徒歩/自転車で… 懐かしいです。
Commented by mmcmp at 2013-02-04 00:56
この界隈はゆきちさんにはお馴染みのエリアでしたね☆
私はサイドロップさん周辺はあまり知らないのですが、四条御前近くに少し通った時期があったので、懐かしかったです。御前あたりを下がったところにあったライフは今もあるのかな?
<< 棚田の傍の古民家カフェ 箱に入らない箱入り娘 >>