ドイツパンの魅力

f0119179_18302839.jpg「ちょっとフランス」の前に岡崎神社前のドイツパンの店「ペルケオ」さんを訪れました。「カフェ・ミュラー」で食べたパンが美味しかったので、一度行きたいと思っていたのですが、機会がありませんでした。ようやく初訪問できたと思ったら、2月にリニューアルされたそう。後で知ったんですが、前のオーナー夫婦はドイツに帰国され、家族が引き継がれたようです(「カフェミュラー」も別の店がプロデュースしてるとか??)。サンドイッチやドリンクメニューの看板が出ていて品揃えも変わったようですが、定番っぽい「プレッツェル」(200円)と「カイザーケーゼ」(130円)を持ち帰り、テラスで「ペルケオ」(380円)の名がついたケーキとコーヒー(450円)をイートインすることにしました。
ケーキは見た目は地味ながら期待以上の美味しさ。さすがドイツ菓子と感心しました。プレスで淹れたコーヒーは砂時計が落ちてからマグカップに注いでいただきます。持ち帰ったパンも秀逸。翌日になってもまだ紙袋から良い香りが漂っていました。チーズと生地の相性が良いカイザーケーゼは食べ応え十分。プレッツェルは適度な噛みごたえながら、翌日になっても硬くなってないのが素晴らしい。どれも華やかさはないけど、それだけに中身で勝負してる感じですね。昔からのファンには味が変わった等があるのかも知れませんが、初訪問のモモ母はすっかり気に入りました。ただ、店を出る前にトイレを借りようとしたら「トイレはない」と言われました。カフェとしf0119179_1911329.jpgても営業するならトイレはないとね・・・。というワケで、モモ母はこの店は「京都でお買い物」としておススメしたいと思います。
★ベッカライ・
ペルケオ
岡崎天王町
752-5577 
http://perkeo.vpweb.jp/default.html
[PR]
by mmcmp | 2013-03-19 19:14 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 散策のお供に 目指せ!キレイな犬 >>