“いっぽんかん”に行きました

f0119179_12211445.jpg若い頃は話題の店やモノはいち早くチェックしたいタイプだったんですが、今はよっぽど期待できるもの以外は人の波が一段落してからにしようと思います。東京には年数回行くけど、スカイツリーもまだ暫く行く予定なし。特に店の場合、暫く経ってからの方がスタッフも慣れて動線も効率化される。で、そろそろのぞいてみようと八百一本館に行ってみました。デパートやスーパーで青果を販売する八百一さんが街なかにオープンさせた食の総合施設ですが、「やお・いっぽんかん」と読んだ人がいて、ご主人に思い切りバカにされたという話が面白かったので、モモ母は“一本館”と呼んでいます。
さて、賛否両論聞こえていた“一本館”、「うね乃」のだしや「オルター」のアイスキャンデーなど「ヘルプ」に行かなくても無添加の商品が色々入手できるのが有難い。平飼い卵の秋川牧園の牛乳なんて初めて見ました。でも売ってないか期待していた某商品は扱ってないようでガッカリ。ウリのはずの中食系が魅力に乏しく、レジ周りのレイアウトがいまいちなのも残念。そんな中、ちょっと良かったのが6種類の乳酸菌を独自発酵させ、1ml当り1千6百億個の乳酸菌が生きているという「アトリエドフロマージュ」のヨーグルトとイギリスのジャガイモ農家Tyrrell'sが種まきから管理して作ったという化学調味料不使用ポテトチップス。特に「ティレル」のポテトチップスはオシャレなパッケージに惹かれて衝動買い。硬くて歯に当たるのが難点だけf0119179_1335993.jpgど、大好きだったアメリカの「ケープコッドポテトチップ」を思わせる味。八百一さん、ケープコッドのポテトチップも入荷してくれないかな。
★八百一本館
東洞院通三条下
075-223-0801
http://www.kyotoyaoichihonkan.com/
[PR]
by mmcmp | 2013-06-10 13:06 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2013-06-10 18:14 x
六角堂のすぐ近くに、こんなものができているんですね。京都を訪れた時は、ぜひ行ってみたいです。モモ母さんのブログから京都のいろいろな情報が入手できるのは本当にありがたい、重宝させていただいております。それにしても 「無添加/食材そのものの本当の味」に意識が向くのか、「世間一般/食品添加物を使った もどき商品」が普通だと考えるのかで、「食の満足度や健康面」だけで見ても、人生全然違ってきますよね。
Commented by mmcmp at 2013-06-12 00:51
確かに何を選ぶか、どれを良いと思うかは人それぞれで、満足度も違いますね。たとえば八百一さんに行っても、どこに注目するかで評価が随分変わると思います。大阪や神戸にはもっと充実した施設があるだろうし、私は近くのジュピターで買えるものが増えたので、めちゃくちゃ気に入ったわけではないんですが、あのロケーションでそれなりのものが入手できるのは便利だと思います。京都に来られたら一度様子を見に寄ってみて下さい。
<< 福島原発20キロ圏内ペットレスキュー 「二つの流れーから・み」 >>