中堂寺の路地裏カフェ

f0119179_23252110.jpg先月のことですが、中堂寺の「むすびわざ館」で行われたシンポジウムに行きました。一年前は講演の後、島原まで歩いたけれど、今回は近くに新しいカフェが出来ているようなので、訪れてみることに。「喫茶オルガン」という細い通りにある小さなお店。「むすびわざ館」から行ったらうまくみつからず、五条通りのお好み焼き店「ふくい」の角を北へという基本の行き方で行ったら、みつかりました。
ミルクがかぶるなぁ~と思いつつ、「ミルクコーヒー」(430円)と「ミルクロール」(300円)を。こうして写真に撮ると、なんだか子供のおやつみたい。練乳系のお菓子って普段は食べないんですが、日替わりで出しておられるおやつの中でも定番のメニューとのことで、試してみたら期待以上に美味しかった。手作りらしい優しい味わいです。店内はシンプルで、それほど個性があるわけではないから、これがもし北山辺りにあったら、記事にしないかも知れないんですが、かつて祖母の家があった五条壬生川界隈って、気f0119179_23472890.jpgのきいたカフェがこれまでほとんどなかったエリア。しかも人の目につきにくい路地裏にひっそりと営業されてて、通りがかりの客はほとんど来ないようなロケーション。お店の方は京都出身ではなく、たまたま紹介された物件だったそうですが、昨年9月にオープンし、イベントなどもやっておられるようです。この場所に根付いて頑張って欲しいという思いでご紹介してみました。
★喫茶オルガン
中堂寺櫛笥町
075-366-8135
11時~19時
http://d.hatena.ne.jp/kissaorgan/
https://www.facebook.com/pages/%E5%96%AB%E8%8C%B6%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3/539563942752291
[PR]
by mmcmp | 2013-07-08 23:49 | 京都のカフェ | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2013-07-09 01:59 x
「ふくい」さんって、昼間は、お店が消えてしまって、夜に突如としてお店が出現する そういうイメージでした。営業時間が夕方から深夜なので、朝や昼間は、「この辺にお好み焼き屋さん あったよな?!」 夜は、いつもお客さんでいっぱいで、「やっぱり、お好み焼き屋さん あったわ」みたいな。目印にするには、やっかいなお店です(笑)。(昼間は営業してないから、シャッターが閉まってる/夜は深夜でもお客さんでいっぱい… お店の前を歩いた時のそのギャップがすごかった) キャベツの量は多いし、お好み焼きの「大」を頼んで、食べるのにしんどい思いをしたのを思い出しました。
Commented by mmcmp at 2013-07-10 23:50
このエリアの記事、ゆきちさんコメント下さるだろうなぁ~と思ってました☆
あの「ふくい」からさらにわかりくい場所にカフェが出来たなんて、驚きですよね。
おばあちゃんの家に行っていた頃の「ふくい」は行列ができるお好み焼き屋さんというイメージが強かったです。今はもう行列したりしないのかな?確かに量がすごく多いですよね。それも人気の理由なんでしょうね。
<< 初めてのココナッツオイル 震える犬 >>