岡崎の小さなケーキ屋さん

f0119179_23283147.jpg日曜は国際交流会館で行われていたブルース・リー没後40年記念のコレクション展に行きました。ブルースリー研究家でもある水墨画家の王石明さんが企画されたもので、実際に使われていた名刺や契約書などマニアにはたまらない貴重なものが並び、幅広い年代のファンで賑わっていました。死亡遊戯の黄色いウェアを来てポーズをつれるミッキーマウスのTシャツが可愛かった。その後は動物園北側の「菓子・茶房チェカ」へ。前回のブルースリー展の後でのぞいた時はオープンしたばかりで、まだカフェの営業をされてなかったので、今回は是非と思っていました。
急な階段を上がって2階へ。奥の席に座って「焼き栗のモンブラン」(450円)とアイスコーヒー(450円)を頂きました。飲み物はすぐ傍に置かれた茶釜のお湯で一杯ずつ入れておられるそう。すっきりした苦味で飲みやすいf0119179_024055.jpgアイスコーヒーでした。紙に包まれて出てきたモンブランは、開けてみると和菓子のようなドーム型に焼き色がついて、「焼き栗」のモンブランでなく、焼き「栗のモンブラン」。ほんのり洋酒を聞かせたマロンペーストと生クリーム、中には栗が1個入っていました。こじんまりとした店らしい手づくり感が可愛いお店でした。
★菓子・茶房チェカ
岡崎法勝寺町
075-771-6776
10時~19時
月・火休
[PR]
by mmcmp | 2013-07-23 00:03 | 京都のカフェ | Comments(2)
Commented by harutin52 at 2013-07-23 17:10
あー、ブルース・リーかぁ。
かつて私が中学3年の頃、異常なほど熱を上げていました。早朝7時台から始まる映画の放映から夕方まで同じ映画を3~4回観るほど。友だちとどれだけブルース・リーを愛してるかの競いあいをしたり。ブルース・リーと自分を主人公にした漫画を作ったり(笑)。モモ母さんがブルース・リーの展覧会を見るなんて、ちょっと意外でした。
焼きモンブラン、美味しそう。
渋い緑茶で頂きたいな。
Commented by mmcmp at 2013-07-24 00:57
実はブルースリー展を企画された王さんと親しくさせていただいてるので毎回観にいってるんですが、おそらくその値打ちがよくわかってないと思います。きっとharutinさんが御覧になった方が良さがおわかりになるでしょうね。次回は早めに紹介したいと思いますので、是非行ってみてください。いつもかなり遠方からもマニアの方が来られています。
モンブラン、確かに緑茶と合いそうです。メニューには抹茶もありました☆
<< あの子に似た犬 折れゆばと東寺ゆば >>