変わったこと、変わらないこと

f0119179_23214814.jpg長谷川純子さんの個展を観た後、お向かいのビルの「葦島」を訪れました。最後に行ったのが2011年7月なので、2年はん以上ご無沙汰していたことになります。実は某カフェのご店主がこの店に激しくダメ出しされていたので、何となく行くのが憚られて、足が遠のいていました。でも、そのカフェにはもう当分行くことはないので、もう遠慮しなくても良いなと久々の訪問です。
エレベーターで5階に上がってビックリ。最近は週末は混んでいると聞いていたけど、平日午後なのに、ほぼ満員。かろうじて空いていたテーブル席に座って「マンデリン」(700円)と「ビターショコラ」(600円、飲み物とセットで100円引)をお願いしました。どちらも初めていただくメニューです。マンデリンはモモ母が好きな深煎り。ややコクがない気がするのは、某カフェがダメ出しされる淹れ方のせいかも知れませんが、とても飲みやすい。ビターショコラは生チョコの様なと書かれていた様にチョコの美味しさを堪能出来る一品。こちらの印象の方が強く残りました。接客も相変わらず丁寧で気持ちが良い。でも、お客さんで一杯の店内に以前の様な静けさはなく、間接照明と心f0119179_23581811.jpg地よい音楽で落ち着いた雰囲気は演出されていて読書を妨げられることはなかったけれど、談笑向きの店になっていました。店のホームページは役割を終えた為、終了すると書かれているのが何となくわかる気がします。珈琲通には意外と評価が低いけれど、素人受けすることは確か。またいつかのぞいてみようと思います。
喫茶葦島
三条河原町東入
075-241-2210
12時~21時 
http://ashijimablog.com/
[PR]
by mmcmp | 2014-02-28 23:58 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< ぐりとぐらのように 「長谷川純子作品展」 >>