京都恐るべし!

f0119179_22125519.png東京の友人達にはこれまで[hana」さんの「いちじくキャラメル」や「ドゥーブルセット」のチョコ等を京都からのお土産にして来ました。6月は何にしようと考えて、思い浮かんだのが「レストランむとう」の「抹茶バター」。でも持ち帰りのみで地方発送はやってなくて、暑い時期に長時間持ち歩くのはまずいと断念。抹茶からの連想で、「ガトードミエル」のお菓子をクール便で送ることにしました。看板商品の「極楽チーズケーキ」も美味しいけど、モモ母はこちらの「抹茶ケーキ」がイチオシ。とにかく抹茶の味が濃くて色も実にキレイ。以前よく行っていたカフェの抹茶のお菓子に「ありえないほどの抹茶を使った」と説明されてた割には抹茶の味がそれほどしないし、色も鮮やかさに欠けました。ということはミエルさんのは、上質な抹茶を一体どれだけ使ってるんだろ・・。
チーズケーキと抹茶、チョコのケーキとクッキーの詰め合わせを送ったものの、濃厚なお菓子は寒い時期の方が良かったかもとちょっと後悔していたんですが、すごく美味しかったとのメールが友人達から届き、一安心。「あほんだらすけ」をご一緒したHさんからは「京都恐るべし」のコメントが添えられていました。「マッタ―ホーン」「イナムラショウゾウ」などの美味しいお菓子を教えて下さるHさんから、そうした有名店にひけをとらない好評価を得たミエルさん。「金曜日しか営業してなくて、やっていけるの?」と不思議がるHさんに、「ビジネスとしてやってないからこの味が出せるんだと思う」とモモ母。自宅を使った店舗は失礼ながらいかにも素人っぽい店構え。つまり外観やテナント賃貸料にお金をかけず、材料費にかけてるワケですf0119179_22542731.pngね。住宅街にこういう店があるって、確かに京都ってすごいかも。
ガトー・ド・ミエル
寺ノ内通り新町西入る
874-7973
10時30分~
土~木休
http://gateau-de-miel.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
by mmcmp | 2014-07-19 22:57 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2014-07-28 12:14 x
モモ母さん、ごぶさたしております。ブログ記事は、すべてかかさず拝見させていただいておりました。考えさせられる記事が非常に多く、にもかかわらず、簡潔に表現できず、コメントできずにいました。モモ母さんの記事と重なって、その(いろいろ思う)きっかけとなっているのが「桃」なんです。最近、(新車購入が良い?!きっかけとなり) 産直のお店の桃に飽きてしまい、紀の川市桃山町 「あらかわの桃」の直売所(車で片道約1時間)に何度か足を運んでいます。贈答品はそれなりの価格ですが、傷入りの桃(家庭用)は非常にお得で、スーパーで桃を買うのが馬鹿らしく思えてきます。この「桃の直売所」 モモ母さんがブログで投げかけている「問い(のいくつか)」の縮図なんです。縁?!あって、ある桃農家さんに、いろいろ話を聞かせていただいてすごく勉強になりました。自身の桃に対するレベルの問題、桃農家さんたちのポリシーの問題、ネット、ブログ記事の影響、桃という果物自身の当たりハズレの大きさ… 偽物?!が著しく高評価されたり、本物が埋もれてしまったり… 桃農家さんの取材活動?!や桃の食べ比べを通じて、『モモ母さんのこのブログの価値』をあらためて感じています。
Commented by mmcmp at 2014-07-29 22:24
久々のコメント有難うございます!どうされてるかな~と思っていたところです。
あらかわの桃、近くのスーパーでも最近本当によく見かけますね~。でも名前で売ってるだけでクオリティはどうなんだろ・・と思って一度も買ったことがありません。産地の直売所まで買いに行けるなんて羨ましいですね~。さらに農家さんに直接色々聞けるのは良いですね。ココンマルシェに紀ノ川の桃農家さんが来られたら、私もまた買ってみたくなりました。
食を巡る問題はなかなか深いですね。拙いブログの思いを受け止めて頂いて有難いございます。コメントを読んで励まされています。
<< やってみたら美味しかった☆ 「八朔の雪」&「夏天の虹」 >>