病院で買いました☆

f0119179_17155311.png先週、父の薬の相談で府立医大附属病院に行きました。受付を済ませたら、まず向かうのが「小田商店」。「フリップアップ」のパンを買うためです。いつも食パンがあったら良い方なのに、この日は2時半近いと言うのにベーグルがたくさん並んでいました。マンゴー、チーズ、アップルシナモン、モモ母が大好きなチョコもあるではないですか!しかも5~6個はあったはず。ほかにも色々あって、こんなに充実してたんだと驚きました。
京大病院にドトールが出来た時は感動したけど、最近は大きな病院にはスタバやカフェドクリエなどが当たり前の様に入ってるし、ローソンなどコンビニやホテルが経営するレストランも増えて来ました。でも、地元のパン屋さん、しかもトップクラスの人気店のバンがこんなに揃う病院って、珍しいんじゃないでしょうか?本店と違って個別包装されてるので、品質表示のあるものも。チョコベーグルの材料は小麦粉、脱脂粉乳、メープルシュガー、モルト、生イースト、塩、チョコレートパウダー。品質保持の為に入れる様に指示されて、スーパー納品用には添加物を入れてるパン屋もありましたが、ここはそういう指示はないようです。すぐに売り切れるから保存料なんて必要がないんでしょうけど。そう言えば添加物を入れf0119179_1861366.pngる様に百貨店に言われて、そんなことは出来ないと出店を断った店もあったっけ。百貨店に出店する方が話題になるし、病院なんて地味な場所に卸しても宣伝効果は殆どないワケですが、病を抱えた人やその家族には人気のパンが買える、しかもたくさんの中から選べる喜びはひとしお。どこに商品を提供するかで、その店の姿勢、どんなことを大事にしてるのかがわかる気がします。
★小田商店
京都府立医科大学附属病院 1階 平日8時~17時 
http://www.h.kpu-m.ac.jp/doc/access/index.html
[PR]
by mmcmp | 2014-07-30 18:06 | 京都でお買い物 | Comments(4)
Commented by harutin52 at 2014-07-30 21:37
小田商店ですかー。
いいですねぇ。無機質な病院に楽しみが出来ますよね。病気じゃなくても、パンを目的に行きたいくらいです。
こむぎちゃんも食欲あるんですか?
うちのモコも皮膚炎が良くなるにつれて、よく食べます。餌の時間になると、チンとお利口に座ってジィーツと見つめてきます。
そして、一瞬で完食です。夏場に食欲があるなんて、たのもしいですよね。
Commented by mmcmp at 2014-08-03 22:57
私は食べたことないんですが、小田商店には「たけのうち」のちりめん山椒なんてのも扱っておられます。松ヶ崎まで行くのが面倒な人にはなかなか便利なんじゃないでしょうか。どこにでもあるような病院の売店なんですが、ちょっと面白いです。
モコちゃん皮膚炎がよくなって良かったですね!食欲もあって何よりです。むぎこは一昨日はちょっと食べなくなってましたが、昨日には復活しました。人もワンコも元気に過ごしたいですね☆
Commented by ぼの at 2014-08-06 16:33 x
わたしも先日、家族が少しだけお世話になりました
モモ母さんのお話から、密かに楽しみにしてたのですが、一度だけ行けた時はもう3時過ぎだったので影も形もありませんでした(残念)
でも、大きな病院に、レストランやカフェが入るなんて隔世の感あり、、京大病院の記事はほんとうに同感です!治療が第一なのは当然とはいえ、建物の造りや楽しみのことは後回しだったかも、、世間と隔てられた世界という感じで、本人も付き添いもさらに滅入ってしまう雰囲気だった気がします
今のように、外の世界のほんとのお店(へんな言い方ですが)が入ると、一気に風穴が開いたよう、ずいぶん気分が違うのではと思いました
Commented by mmcmp at 2014-08-07 00:10
残ってなくて残念でしたね。その日によって売れ行きにかなり差があるみたいで、この日だったら3時過ぎでも何かあったかも知れないですが、2時でもほとんどない時もあります。入荷直後はどれくらいあるんでしょうね??
最近の病院のアメニティの充実ぶりは目を見張るものがあります。仕事で倉敷の病院に行った時に、エキナカかと思うような綺麗な売店に岡山土産がものすごい充実していてビックリしました。小児病棟でボランティアをしている女性が病院という特殊な空間に日常を持ち込むことが大事なのだとおっしゃってましたが、漸くそうした発想が普及してきたようで、嬉しいです。
<< 「食を考える」 なんか変わった? >>