4日間の悦楽

f0119179_2345779.png滅多に行かない西本願寺界隈。「ふたえ」に行った後は、「レストランむとう」にも寄りました。勿論、お目当ては大好きな「抹茶バター」(1050円)。2階のレストランでパンに添えて出されます。オーソドックスな無塩バターとアンチョビ、抹茶の3種類が少しずつ小皿に乗せられているんですが、料理の美味しさもさることながら、抹茶バターがいたく気に入りました。
1階のカフェレストランで販売されていて、冷凍したまま渡して下さるので、解凍して頂きます。でも、「ふたえ」の抹茶テリーヌを堪能したので、帰宅後すぐに冷凍庫に入れて保存していました。前の記事には解凍後1ケ月くらい持つ様に書いてますが、先日お土産にしようと問い合わせた時は賞味期限は解凍から4日と言われ、店に行った時も解凍したら3~4日で食べきる様に言われました。この量を父と2人で4日で食べるのは無理なので、ヒメママさんと事務所のS君にもおすそわけ。昨日から食パンに塗って食べています。上質な抹茶スイーツを食べてる様な味わい。普通のバターよりたくさん塗る方が美味しいので、思ったより早く減って行きます。これなら4日でなくなりそう。「ふたえ」よりずい分甘さ控えめですが、それでもかなf0119179_00575.pngり砂糖が使われているので常用は自粛すべき。4日間だけのシアワセな朝食です。前回、いずれブームになると予言(?)した割には、その後の後追い記事やマス媒体での紹介はほとんどない様ですね。バター自体が品数な昨今、このまま知る人ぞ知る逸品であり続けて欲しいものです。
★レストランむとう
堀川六条下る
075-354-8117
水・第2.4木休
http://www.r-muto.jp/
[PR]
by mmcmp | 2014-09-17 00:01 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2014-09-20 11:12 x
「レストランむとう」さんって、井筒グループなんですね。(http://www.izutsu.co.jp/) テレビを見てたら、井筒織物工房さんの職人さんが出ていたので、検索してみたら、「レストランむとう」さんが出てきたのでちょっと驚きました。料理の力量は絶対ですが、やはり資金力がないことには成り立っていかないんだなと改めて感じました。
Commented by mmcmp at 2014-09-21 13:14
むとうさんが井筒八橋の系列だったとは知らなかったな・・と思ったら、井筒八橋ではなく、井筒法衣店の関連だったんですね。当初からなのか途中で傘下に入られたのか不明ですが、食関連はむとうさんだけみたいなので、ある程度独立した考えで店の運営が出来るんじゃないでしょうか?
<< 奥の席で、いつもの寛ぎ 麦妓はレディ? >>