手づくりバティシェさん頑張って下さい☆

f0119179_23225847.jpg業務用の加塩ポンドバターを見なくなったのは8月でしたが、一般向けバターも秋には「ヘルプ」で販売販売個数が制限されたけど、近くのショッピングセンターに山積みされていて、さすが黄色ラベルは量産されてるんだなと思っていました。が、ここへ来て、棚が空っぽの状態が連日続いて、いよいよ年末が近いことを実感する今日この頃。10月下旬に朝日新聞が再度バターの品薄を報じた様ですが、地方紙でも同じ様な記事がネットに上がっています。
こうした状況で材料や価格の見直しを迫られるパン屋さんやお菓子屋さんも少なくないと思いますが、手づくり市に出店している個人バティシェさん達は大丈夫でしょうか? 先月の手づくり市では「パティスリーエメ」さんと「タンゴ・ド・シャノアール」さんの焼き菓子を買いました。特にタンゴ・ド・シャノアールさんの「バーム・シュニッテン」(260円)はブランデーを使って一層ずつ焼いたバームクーヘンだそうで、「マッタ―ホーン」にも通じるしっとりした生地と風味がクセになりそうです。パティスリーエメさんの市松模様のクッキーは材料の所に「乳加工品(バター代用品)」とありました。以前葉f0119179_2357545.pngっぱさんが教えて下さったDSと言うものでしょうか? 作り手の苦労が伝わって来ます。保存料などの入ってない良質なお菓子を手づくりされてるバティシェの皆さん、どうぞ頑張って下さい。
http://www.geocities.jp/tango_de_noir/index.html#
[PR]
by mmcmp | 2014-11-04 23:57 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「洛趣会」に見る京都 「今がシアワセ」でした・・・ >>