たんきり飴の季節

f0119179_23102339.jpg寒くなったせいか、先週木曜夜に何となく喉に違和感。翌日にはちょっと痛みが出て来たので、今年も買っておこうと「たんきり飴」を買いに行きました。昔は1種類だったけど、作る職人さんが変わってからはノーマルなのと辛味が強いものの2種類あって、モモ母はいつも辛味が強いのを買います。お店の方が「辛い方!」と言って、手に1つ落としてくれたので、舐めながら帰ったら、一時的ではありますが、喉の痛みがなくなりました。さすがたんきり飴!
1つくれる前に「瓶や缶に入れ直ささんといてね」とおっしゃるので確認したところ、お客さんによってはご丁寧に別の缶などに入れ直す人があるけれど、そうすると湿気てしまうらしく、販売されてる袋に入れたまま冷暗所で保管するのが、一番長持ちするんだそうです。面倒くさがり屋のモモ母は別の容器に移し替えたことないけど、それが良かったみたいです。写真はf0119179_23285596.jpgハローワーク近くのアンティークの店で買った小皿に入れて、撮ってみました。お皿も飴も西陣で入手したもの。どちらも素朴だけど、可愛いです。
たんきり飴
本舗

大宮寺之内
075-441-4429
[PR]
by mmcmp | 2014-11-11 23:31 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 土曜の朝に 今日で5歳(仮)~おさる? ダ... >>