のばら珈琲で清志郎を聴く

f0119179_19264213.jpg路地や店の前に少し雪が残る西陣の「のばら珈琲」で久々にモーニングを頂きました。大きなガラスの器に入っていたサラダがひとつのプレートに盛り付けられてました。すっごいボリューム。ドレッシングは自家製で2種類。白いのはマヨネーズベースで黄色いのはなたね油に玉ねぎ、塩麹などが入ったもの。なたね油を以前より良いものに変えたんだそうで、黄色いのはなたね油の色だそう。材料にこだわった自家製ドレッシングのついたたっぷりサラダに目玉焼きとトースト、珈琲で500円、しかも素敵なアンティーク空間でいただけるのは、かなりお値打ちです。
店内に入るとまだお客さんがいないせいか珍しく忌野清志郎がかかっていて、最初はちょっと違和感があったんですが、そういえば清志郎ってブレずに反戦、反原発の人だったよね・・と思ってたら途中で中断されてアルバムが変わりました。「うるさいかなと思って」と気にして下さったのですが、清志郎ってちゃんと聴いたことないので聴きたいと言って再びかけてもらいました。るきさん(勝手に命名)は清志郎ファンだそうで、昨今のキナ臭い世相や安倍首相と報道のこと等、f0119179_1957456.jpg話が盛り上がってしまいました。音楽を機に思いがつながった感じで、「瀕死の双六問屋」を勧めてもらい、読んでいたら予定時間を大幅オーバー。続きは次回に。清志郎が終わると、今度はモモ母が好きだと話していたピアノジャズをかけてくださいました。こういう気遣いも嬉しい。ますますのばらファンになりました。
★のばら珈琲
上立売通浄福寺西入ル
075-406-0274
10時~18時30分
月・火休
[PR]
by mmcmp | 2015-01-10 20:01 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 赤飯モーニング たくさん買ったけど・・・ >>