リニューアル工事に伴って閉店

f0119179_22441380.jpg東京ネタの合間に京都ネタを少し。京都駅八条口のホテル京阪2階にあったラウンジ「フォンタナ」が館内リニューアル工事に伴って2月28日で閉店しました。観光シーズンで京都駅ビルが大混雑していても、ここは穴場。高い天井が開放的で、席と席が離れ、常にゆったりした気分で過ごすことが出来ました。肝心の飲み物はさほどオススメではなかったので、記事にしたのは一度だけでしたが、父もよく愛用していたし、モモ母も父と訪れたり、仕事の打ち合わせで、よく利用しました。
2月半ばに東京行きのチケットを取りに行った後で寄った時に閉店を知り、28日にも再訪して名残を惜しみました。お願いしたのは今月のコーヒーで、マンデリンをベースにサントスを加えた「ウインターフレンド」(600円)。最終日であることを知る人は少ない様で、いつもとさほど変わらない雰囲気。大きな窓から新幹線のホームが見えて、この旅情気分が大好きでした。注文した時にわざわざ訪れたことを知ったお店の方が、いつも有難うございましたと丁寧にお見送りして下さいました。工事後はバイキングレストランになる様で、喫茶利用も可能なのかも知れませんが、テナントが変わるので、「フォンタナ」のスタッフはこの日が最後。見送る側も感慨深いf0119179_23124744.jpgでしょうね。インバウンド対策でしょう、リニューアルが進む京都のホテル。ホテルオークラのアネックスも「りょーい」の頃が一番良かったし、ホテル京阪がどんな風に変わるのか、気になります。
http://www.hotelkeihan.co.jp/kyoto/topics/info/201502004185.html
[PR]
by mmcmp | 2015-03-02 23:17 | 追憶の店・風景 | Comments(0)
<< この美味しさはスゴイ✩ カプチーノをお代わり✩ >>