とうとうお別れ・・・

f0119179_2318461.jpg東山安井の「やすい亭」、昨日3月22日が最終日でした。前回の「ひょうたん弁当」も大満足でしたが、やはり閉店までにもう一度「洋食弁当(上)」(1850円)は食べておきたい。昨年初訪問時に食べて、美味しさとボリュームにビックリしたのが、これでした。最近は名残りを惜しむ人達で混んでるので予約して出かけ、色々な種類を頼むと時間がかかるだろうと思って、みんな同じものを注文し、待つのが嫌いな事務所のS君は15分遅れで来る段取りに。それでも結構待ちましたが、「やっぱりうまいなぁ・・」とS君も満足。エビフライにハンバーグ、エビクリームコロッケからグリルチキン、オムレツ、ウインナーまでついてCPの良さ抜群です。
最後は洋食弁当(上)でと思っていたんですが、混雑しててゆっくりご挨拶出来なかったのと、あの帆立フライがもう食べられないと思うと名残惜しくて、結局先週末にもう一度行ってしまいました。昼時は混むだろうと思って、遅めに出かけたのに、2時半近くにも関わらず満員。30分くらいかかって良ければと言ってもらったので待つことにし、「ほたて貝柱フライ定食」(1430円)を。「お昼の定食」では2つだった大きく柔らかな帆立フライが5つも出て来て、堪能しました。衣に包まれた半ナマ帆立に絶品のタルタルをつけて味わいながら、美味しいエビフライやエビクリームコロッケはまたよそで食べられるけど、こんなに美味しい帆立フライはもう食べられないかも・・と思f0119179_237720.jpgったのでした。3時をかなり過ぎてお客さんも漸く減り、御夫婦に美味しい料理のお礼とお疲れ様でしたのご挨拶をしてお会計。閉店後は湯葉を中心にした日本料理の店になるそうです。
[PR]
by mmcmp | 2015-03-23 23:12 | 追憶の店・風景 | Comments(0)
<< 神保町の老舗 唯一無二の魅力 >>