元祖木の芽煮

f0119179_2256190.jpg25日の小出先生の日本外国特派員協会での記者会見、原発事故の現状と課題を平易な言葉で簡潔に解説されていて、とてもわかりやすく見ごたえがありました。会見内容は外国人記者を通じて世界に発信されるワケですが、日本では共同通信が「福島第一原発は石棺を」と報じるだけで、今のままでは石棺を作ることすら難しい事実は触れられてない。長い会見ですが、我々日本人はせめて前半だけでも見て、現状を知っておくべきだと思います。
さて、日曜は上賀茂神社の手づくり市に出かけました。お目当ての「みずほ製菓」のあられを入手した後、一回りして気になったのが「京・くらま廣庭」の佃煮。鞍馬と言えば昆布や山椒を醤油で煮込んで細かく刻んだ木の芽煮ですが、お店の方の話によると、こちらが考案されたものだとか。京都生まれのモモ母ですが、初めて知りました。巷でよく見かけるのは別の店。木の芽煮は子供の頃から大好きだけど、意外と添加物が入ってるんで、最近は買わなくなっていました。保存食なので添加物を入れなくても長期保存出来るのに、万が一を考えて入れる様にデパートから言われるんだそうです。本店で売るものとデパート等に納入するものでは材料を変える店もありましたっけ。こちらは京都の伊勢丹や大阪の京阪百貨f0119179_23305470.jpg店などの催事で一週間だけ売ることがあるそうで、お店の人が直接販売するので、その際も添加物は入れないそうです。無添加の木の芽煮に出会えて嬉しい! ごはんのお供がまた増えました☆
★京・くらま廣庭
http://www.hironiwa.co.jp/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2015-04-26 23:37 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 営業時間変更 寛ぐ~☆ >>