最高のキャロットラペを求めて

f0119179_22272261.jpg小山園」に行った帰りなので、先月初旬のことですが、久々に「ダイズデリ」を訪れました。その頃、「ウルクス」と河原町のイタリアンCでキャロットラペを食べる機会があって、どっちも悪くなかったけど、何かしっくりこない。やっばり「ダイズデリ」が断トツで美味しいと思い、食べたくなったのでした。
「ダイズデリ」ではバルサミコチキンを買うことが多かったので、今回は「タンドリーチキン」(650円)にしてみました。ジューシーさはバルサミコチキンの方が勝る印象ながら、たっぷり食べられて満足しました。冷蔵のショーケースにお目当ての「2色のニンジンとオレンジのサラダ」(小350円)があって、良かった。で、食べてみると、うん、確かに2店より美味しい。けど、前の方がもっとシャキシャキして美味しさが際立ってた気がする・・・。暫く食べてなかったからモモ母の思い込みが強くなって期待しすぎたのか? それともオープン当初のフレンチのシェフから作り手が変わったからかな? でも、その後食べた時は当初と変わらなかったはずで、また作り手が変わられたのか、以前の写真を見直すと、切り方が少し違う様で、作り方を若干変更されたのかも。そういえば前は「2色」ではなかったし。そう思うと、提供する店の状況も消費者の好みやニーズも刻々と変わる中で、心から美味しいものと出会えるって、とっても貴重なことだったんですね。セントラルキッチン方式による大量生産ではなく、人の手で作られたものは変化があって当然、だからこそ良いものに出会えた時の喜びはひとしお。ダイズデリの次回に期待しています。余談ですが、近くの電気屋f0119179_231522100.jpgのおじさんによると、ご近所の名店「しののめ」も最近作り手が変わったそう。こちらもまた試してみたいと思います。
DAI’S 
DELI&SANDWICHS

姉小路衣棚西
075-254-0777
https://ja-jp.facebook.com/daisdeli
[PR]
by mmcmp | 2015-05-19 23:18 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< ワンコインでこのクオリティ☆ 出ちゃった・・・ >>