一汁一菜

f0119179_22164581.jpg父が帰って暫くは仕事以外に時間がかかる外出は控えようと思って退所前日に市役所前の美容室に行き、帰りに二条の「まつは」に寄りました。でも、夕食を食べるつもりだったのに遅めの昼ご飯をたっぷり食べてしまい、あんまりお腹が空いてない。なので、いつもの「一汁三菜」(800円)ではなく、この日は「一汁一菜」(600円)というのを頂くことにしました。
入ってみるとほぼ満席。庭に向かって座る席が唯一空いていたので、そちらへ。「まつは」は店全体がほの暗いんですが、中でもこの席はかなりの暗さで、読書はつらいなと思っていたら、お店の方が明かりを持って来て下さいました。昔の人はこんな風に行灯を頼りに本を読んでたんだな・・と思いながら本を近づけて字面を追いました。料理の写真も独特の雰囲気に撮れています。この日のメインは「厚揚げと豚の黒酢煮」。意外としっかり味がついていました。ごはんにはうどの金平が乗っていて、シャキっと感が面白い。汁ものは椎茸の味噌汁。味噌汁に椎茸って初めてかも。味噌が甘くて、これも未f0119179_23105616.jpg知の味。糀でも入れておられるのかと伺ったら、麦味噌なんだとか。他のお客さんも味付けのことを質問されてましたが、この店の料理ってどんなものを使っているか、どんな風にして作っているのか、色々聞いてみたくなるんですよね。意外なものが隠し味になっていたりするんですが、お店の方が丁寧に答えて下さるのも好感が持てます。
まつは
二条通富小路東入る
075-231-7712
10時~22時 月休
[PR]
by mmcmp | 2015-06-03 23:15 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 高槻のパン 田中亮一さんのこと >>