ARK写真展『犬生、猫生、人生』in 京都

f0119179_17502533.jpg高倉二条の「レティシア書房」で9日まで行われていたARK写真展『犬生、猫生、人生。〜Shelter animals ♥ you more〜』in 京都を観に行きました。動物救援組織「アーク」が保護した犬や猫たちの日常を写真家の原田京子さんが撮ったもの。アークの写真展は各地で行われるので、京都や滋賀で行われる時は出来るだけ訪れることにしています。レティシアさんで行われているのを知ったのが遅く、最終日に漸くのぞいた為、京都情報としては古いのですが、新しい写真での写真展はレティシアさんが皮切りとサイトにあるので、9月の原宿など、同じものを今後もあちこちで見られると思います。
入口のポスターもそうですが、今年の写真はフワフワ毛が可愛いお山チームの子が何枚も写っていて、みんな良い表情。他にも人が怖くてパニックがひどいので殺処分を検討されていたけど、アークに来て落ち着いたという子の穏やかな写真も印象的でした。点数はそれほど多くないのですが、いつも良い写真が多いです。アークの写真展に行ったら、寄付の意味も兼ねてグッズを買うことにしていて、今回は下の写真の子犬達のクリアファイルを買いました。左の猫は以前買ったものですが、立ち姿がインパクトあるので、仕事先で「可愛いね」と言われることがよくあります。いつも思うのですが、こうした犬猫の保護活動が出来るのは平和ならでは。災害時も大変だし、戦時下ではレスキュー自体難しい上に、里親になる経済的、精f0119179_18215070.jpg神的余裕がなくなるのではないかと・・・。里親になるどころか飼育放棄も増えそうです。ペットブームは平和の証と改めて思うのでした。
http://www.arkbark.net/?q=ja/
[PR]
by mmcmp | 2015-08-11 18:27 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)
<< お盆もやってます! 充実モーニング >>