抹茶バターを少しずつ・・・

f0119179_2319496.jpg今月上旬に西本願寺近くの「レストランむとう」1階のカフェに行った時に、お気に入りの「特製 抹茶バター」(1200円)を買って帰りました。元々は2階のフレンチレストランでアンチョビバターやシンプルな無塩バターと共にパンに添えられていたのをいたく気に入ったのでした。1階のカフェで販売していて、これまで2度買いに行き、今回が3回目。京都らしいちょっと和テイストな小袋に入れて下さいました。冷凍した状態で渡されるので、必要な分だけ別の器に取り、帰宅後すぐに冷凍庫に入れて保存しています。今朝も少し解凍して「グランディール」の角食パンにつけて頂きました。父も気に入っています。解凍後は4日前後で使い切る様言われるから、解凍は少しずつ。でも抹茶の魅力が上手く活かされ、ついたくさんつけたくなってしまいます。甘さもかなりあるから、常用は控えたい。、年に一度の贅沢がちょうど良い感じです。
この抹茶バターは実によく出来た商品だと思うのですが、知名度は低い様ですね。一方、知名度はあってもクオリティはイマイチなものも少なくないので、要注意です。先日京都駅八条口おもてなし小路の「原了郭」の後、有名店のカフェスペースで抹茶ドリンクを飲んだのですが、これが全然ダメで愕然としました。清潔感のある内装と丁寧な接客、店舗の印象は原了郭より寧ろ好みで、記事にしたいところですが、肝心の飲み物が京都駅でこれを抹茶アイテムとして出したらアカンやろ・・・というレベル。シルバーウイークに大勢の観光客の方たちが「京都の抹茶」として飲まれたと思うと、複雑な気持ちです。他府県の方にも「むとう」の抹茶バターを是非味わって欲しいのに、地方発送がなく、本当に残念です。
★レストランむとう
堀川六条下ル
075-354-8117
水、第2・4木休
http://www.r-muto.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-09-28 00:00 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2015-10-04 23:27 x
記事の抹茶バターからの連想で、おいしい食パンが久々に食べたくなって、何気にベイカリーSさんのHPを見てたら、いつからか食パン2本から地方発送してもらえるようになってます。また(理由はわかりませんが)、前日までに依頼すれば、食パン、用意してもらえるようなことも書いてあります。簡単に入手でき、地方発送してもらえるとなると、こんなにうれしいことはないです。Sさんの食パンをトーストして抹茶バターをつけて食べたら、むちゃくちゃおいしいだろうなと勝手に想像しています。
Commented by mmcmp at 2015-10-05 13:30
食パンも店によって個性がありますね。良い店の食パンはどれもそれなりに美味しいと思いますが、好みの食感や味に出会うのは意外と難しいかも。あれこれ試して、お取り寄せで自分にあったものが入手出来れば有難いですよね。抹茶バターは地方発送不可なのが残念です。
<< 北山でコラソンの珈琲が飲める! ラニオンランチ >>