いかみょうがと実山椒ふき

f0119179_2143191.jpg10月になったというのにシルバーウイークの時の話なんですが、河原町がかなり混雑していたので地下鉄「四条」まで歩くことにしました。途中、久々に「井上」で「いかみょうが」を買おうと思い立ち、錦市場へ。年末ほどではないものの、錦も結構混んでました。多彩な惣菜が揃う「井上」も店員さんがたくさんおられるけれど、ショーケースを見ながら客があちこちから注文するので「ふたば」みたいにスムーズに行かず、ちょっと待って漸く注文出来ました。待ってる間に「いかみょうが」を買うお客さんが多かったです。どこかのマスコミで最近紹介されたんでしょうか?
モモ母もお目当ての「いかみょうが」を買ったんですが、待ってる間にズラリと並んだお惣菜を見て、先に注文した人が選んでいた「実山椒ふき」(という名前だったと思う・・)に興味がわきました。昔からあったのかも知れませんが、以前はかつおぶしと煮てあった様な。いずれにしてもこれまでノーマークでした。そもそもモモ母はふきの煮物が苦手。食べない訳ではないものの、薄味で食感もイマイチなものが多い。でも、山椒と炊いた佃煮は好きだから、これも気に入るかもと思って、試しに買ってみました。食べf0119179_21523366.jpgてみると、結構濃い目に炊いてあるけど、山椒の心地よい刺激が単調になりがちなふきを飽きずに食べさせる役目をしていて、良い感じ。ふきの煮物でまたリピートしたいと思ったのは、これが初めてです。
★井上佃煮店
錦小路通柳馬場西入
9時~18時
水・第1・3日休
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/stores/inoue/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-10-02 21:58 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「阪急電車」 北山でコラソンの珈琲が飲める! >>