WIFEとHUSBANDの娘

f0119179_16493530.jpg北大路橋傍の「WIFE&HUSBAND」を再訪した時、古本屋の横の道を歩いていくと、珈琲を焙煎する何とも言えない良い香り。それだけで期待が高まりました。店内カウンターの向こうには焙煎機があって、稼働中の様子。聞けばこの日は焙煎機の調子が悪く、修理に来てもらって漸く作業をしているとのこと。いつもは営業前に焙煎するそうで、今日は例外。だから初回は感じなかった珈琲の香りが漂っていたワケです。
一時期美味しい珈琲を家でも淹れたいとあれこれやってみたんですが、お店で美味しい珈琲を飲んでいるもんで、当然ながらモモ母が淹れるとイマイチ。やっぱりプロに淹れてもらう方が確実と豆の購入は中断しました。でも、事務所のS君が余ったペーパーフィルターをたくさんくれたので、久々に買ってみるかと言う気に。200グラムからしかなくて、100グラムで良いんだけどなぁ・・・と思っていたら、「お陰様でこのところ豆がよく出るので、豆は常に新鮮ですから暫らく置いておいても大丈夫ですよ」とのこと。そかれならとブレンドを購入してみました。豆は焙煎してから2~3日経ってからが飲み頃。販売に適したブレンドの豆はモモ母が最後だったとかf0119179_17195227.jpgで、ラッキーでした。こちらの豆はブラジルをベースにコロンビアとほんの少しモカを入れているそう。0.5グラムずつ豆の量を変えて、ベストな配合にしたそうです。パッケージを見るとDaughterの文字。自家焙煎した豆は、ご夫婦にとって娘の様な存在なんですね。慈しむ様子が伝わって来ました。
★WIFE&HUSBAND
小山下内河原町
075-201-7324
10時~17時 
不定休
http://www.wifeandhusband.jp/
[PR]
by mmcmp | 2015-10-26 17:13 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< いつも充実★ 手炊きカスタードのクリームパン >>