桂華堂から吉祥菓寮へ

f0119179_1948139.jpgこのところ他府県ネタやイベントネタが多く、10日ぶりの京都カフェネタです。「洛趣会」で青蓮院に行った帰りに「吉祥菓寮」に入ってみました。ここ、「桂華堂」なんですね。京都人にとって桂華堂と言えばお豆さん。煎り大豆を節分豆として日本で最初に売り出したのは桂華堂だそうですが、残念ながら倒産。後継者が始めたのがこちらの様で、1階が和洋菓子の販売、2階がカフェになっています。
この日頼んだのは珈琲「ウガンダアフリカンスノー」と「茶の雫ロールケーキ」。珈琲には説明を書いたプレートが添えられ、かつてルウェンゾルル王国の為に戦った古豪たちが品質向上を目指して出来上がった味わいで、農家によって手積みされたコーヒーチェリーを天日乾燥しているそうです。うんちく程スゴイとは思わなかったけど、飲みやすかった。ロールケーキは石鹸を思い出すネーミングがどうかと思いますが、中に濃茶ゼリーが入っていたり手が混んでます。元は京の老舗だけあって観光地にありがちな見掛け倒しと違って、ちゃんと抹茶を使った正統派。でも味自体は「マーガレット」の方が断然美味しい。マーガレットさんの方がおそらく使ってる抹茶の量がかなり多いんだと思います。東大路に面してるけど、祇園石段下から少し離れてるのと入口が華頂通にあるのとで、意外と空いてました。窓はf0119179_21275715.jpgすりガラスになっていて、東大路側と華頂通側でつや消し部分の割合が違ったり、落ちついた配慮がされてました。11月20日17時からクリスマスケーキの試食会があるそうで、先着100名は全種類のケーキが無料で試食可能。食べて選べるのが良いですね。参加するとケーキの予約割引もある様です。
★吉祥菓寮
東山区古門前通東大路東入
075-708-5608
11時~17時
http://kisshokaryo.jp/index.php
[PR]
by mmcmp | 2015-11-07 21:37 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< お気に入りも、初めても◎ 「Story Seller a... >>