美味しい珈琲への道2015

f0119179_2144868.jpg一時期、美味しい珈琲の挿れ方に興味を持っていたモモ母。どうも納得いく珈琲が淹れられず、お店でプロに淹れてもらう方が良いや・・と程なく熱が冷めたのでした。それが夏頃に事務所のS君からペーパーフィルターがたくさんあるからと1袋もらい、近所に「WIFE&HUSBAND」が出来たこともあって、久々に珈琲豆を買ったワケです。初回は結構長めにミルで挽いたので、しっかりした味になって満足。ただ、お店で飲んだ時と違って冷めると美味しくないのは挿れ方が下手なせいみたい。細かく挽きすぎてフィルターが目詰まりしてなかなか落ちないのもイマイチ。で、2度目は粗挽きにしたら今度は薄い。美味しい珈琲って、豆の出来が良くても、挽き方、豆の量、お湯の注ぎ方、お湯の量が適切でないとダメなのね。モモ母にはやはりハードルが高い・・・。
そう思って、今度は「コラソン」さんで買ってみました。コラソンさんは100グラムからの販売で、モモ母が買ったイタリアンブレンドは100グラム650円。こちらはモモ母が淹れても、冷めても美味しく飲めます。ただ、細かく挽いてもそんなに濃くならず、お店で飲むみたいな味に幅が出ない。うーん、つくづく珈琲淹れるの向いてないわ。いや、どっちの豆も十分美味しいんですよ。お店で上質な珈琲を頂くのに慣れてるもんだから、腕がないくせに求めるものが高い・・・。まあペーパーフィルターがなくなるまで、試行錯誤したら少しは上達するかも知れません。モモ母の愚痴ばかりでは読んで下さる方に申し訳ないので、最後に情報です。コラソンさんが日曜朝7時~10時頃に焙煎したての珈琲豆を200グラムから届けて下さる「コーヒー焙きたて便」を始められました。豆は焙煎2~3日後が良いとも言われますが、焙煎したてのこんもりとドームが出るフレッシュさも魅力だそう。f0119179_23315882.jpgバイクで自宅まで届けて下さるので配達範囲が限られるのと、その日の朝に焙煎されるので、毎週1種類の豆のみになるんですが、週替わりで色んな豆が楽しめると毎週注文するお客さんもあるとか。因みに15日は深煎のペルー、22日は浅煎のエルサルバドル・ブルボン、29日は中深煎のスマトラマンデリンです。
カフェ・デ・コラソン
小川通一条上
075-366-3136
http://www.cafe-de-corazon.com/
[PR]
by mmcmp | 2015-11-11 23:44 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< スマートのホットケーキを自宅で☆ 今日から6歳(仮)でした☆ >>