歳末の御馳走

f0119179_21203737.jpgジェイアール京都伊勢丹 11階の「京都和久傳」。11時からのお昼は2700円の「支子(くちなし)」からあるんですが、限定20食で予約不可。週末は長蛇の列ですぐ完売というので、ヒメママさんが冬休みの平日に出かけることにしました。10時35分過ぎに着いたモモ母は8番目。無事に支子を頂くことが出来ました。
最初に柚子湯が出され、彩の良い前菜が目に鮮やか。続く海老の入った海老芋と蓮根、金時人参の炊合せは葛あんが、何とも冬の京都らしい味わい。出汁は意外としっかり味がついていました。ご飯は鯛の黒寿司、鯛の味噌茶漬けや鯖寿司、かまめしの中から選ぶことが出来、鯛の黒寿司を選びました。酢飯には細かく刻んだ柚子が入っていて、さりげない手間のかけ方に粋を感じます。一緒に出されたお味噌汁は三つ葉の散らし方が何とも美しくて、飲むのが勿体無いくらい。最後のお茶菓子は柚子のわらび餅。弾力のあるタイプより、柔らかい方が好きなモモ母が食べたいのは、こういうわらび餅なんです。お番茶と共に頂いて、心地よい満腹感でほっこり。完成度の高い料理は勿論、可愛い器にも満足、さらに間近に京都タワー、向こうには北山が見えf0119179_22364956.jpgる窓からの光景も目の御馳走。そして行き届いた接客と、これだけ堪能出来て2700円は素晴らしい。京都駅ビルだから京都らしさを満喫したい旅行客にもオススメです。4000円以上は予約可能。おひとり様も結構おられました。
★京都和久傳
ジェイアール京都伊勢丹
11階
075-365-1000
11時~15時30分
17時~22時
http://www.wakuden.jp/
[PR]
by mmcmp | 2015-12-29 22:45 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 女性ファン、男性ファン 年内最終日に >>