まず隗より始めよ・・・

f0119179_2224631.jpg京都市交通局の「コトチカ」は2010年の地下鉄四条駅から始まり、今年1月には2店舗だった烏丸御池駅に4店舗が加わってスタバも登場。改札内と外と両方で利用出来るのが良いですね。モモ母も火曜に乗り換え途中でちょっと一息入れました。
赤字の京都市交通局ですが、金曜深夜のコトキンライナーとか最近頑張ってるねと言われるし、モモ母も確かにそう思うけど、京都で生まれ育った者としてはダメ出しせずにいられません。とにかく市バスの英語アナウンスが酷いんです(中国語と韓国語はモモ母には判断出来ず不明)。日本語もイントネーションが最悪だったんですが、市民からの苦情が多かった為か現在は随分改善されました。昔は京都出身のアナウンサーが吹き込んでたのに、今は初音ミクみたいな合成音。一度作れば簡単に変更出来て格安だろうけど、作ったのが地元の業者じゃないから京都の地名や固有名詞を理解せず、ただ音声をつないだだけ。「she」と「sea」の音の違いとかもわかってなさそうだけど、ま、それは良いとして、伸びたカセットテープみたいな音が頻繁に入るし、固有名詞はちゃんと発音しないとダメでしょう。京都には「キアロ市役所」も「西はんがん寺テンプル」もありません。こんな心のこもってないアナウンス流す京都市に「おもてなし」を語る資格があるとは思えない。聞き苦しいし、京都人として恥ずかしいです。そうそう、外国人に人気の伏見がテレビなどで共通語アクセントで紹介されると違和感を感じる京都人も多いはず。京都人は「伏見」を「ふ」でなく「し」にアクセント、「伏見区」なら「み」にアクセントをつけて言います。京言葉を守りたいならシンポジウムしたり映像ソフト制作するより、街で日常的に京言葉を耳にする機会を増やす方が良い。京都弁の車内アナウンスがあってもいいんじゃない? おもてなしの観光都市京都をアピールしたいなら、まず隗より始めて車内アナウンスをまともなものにして頂きたいものです。
[PR]
by mmcmp | 2016-03-09 23:55 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/25031236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆきち at 2016-03-10 13:01 x
「日本に京都があってよかった」なんていう傲慢?!なコピー(地下鉄でこのポスターを見た時、他府県出身の私は「日本は京都だけで成り立ってるわけじゃないわい」と思わずつぶやいてしまいましたが…)を使ったりしているわりには、何とも情けない話ですね。(※文字にすると、どうにでもとられるからこわいけど… このコピー 私は嫌いではないです) 言葉といえば、テレビドラマの関西弁もおかしいし… 「そんな関西弁、関西人は誰もつかわへん。関西弁の方言指導って、誰が指導してんねん?!」っていっつも思う。今、月9のドラマで(兵庫県出身の)有村架純さんがセリフで関西弁を使う場面があるのですが、これがいいんです。自然で。聞いてて心地がいいし、「あっ、ほんまの関西弁や」って思う。同じ関西人の関西弁のセリフ(しゃべり)でも(関西弁自体は正しいけど)関西弁を強調するようなしゃべりを聞くとほんまにげんなりします。 枕草子も京都弁が正しいって言うし、言葉やイントネーション等で印象が全然変わってくるのに…。誤った認識や誰かの思惑で「嘘」を発信して欲しくはないですよね。とはいえ、なんやかんや言ってもやっぱり日本は東京が中心やから…。利権や圧力があったりするのかもしれんけど、モモ母さんがおっしゃられるように、「地元」にがんばってもらいたいです。(※モモ母さんのブログ記事、京都弁で書いたら、どんな感じになるんやろ?!って、ちょっと妄想してしまいました)
Commented by mmcmp at 2016-03-11 00:08
そうなんです、まさに誤った認識や誰かの思惑で「嘘」または空虚な情報を発信してほしくないです。あのアナウンスが流れてて市の職員は恥ずかしくないのか、だとしたらその感覚こそが問題だと思います。アナウンスを作ったのは東京でなく岐阜の業者ですが、バスアナウンス制作がウリらしく、いずれどこも画一的なアナウンスばかりになると日本から地方色が失われてつまらなくなりますよね。
ちなみに今は違うと思いますが、数年前まで嵐電ではブログに出てくるタレントTさんの声の車内放送が流れていました。
ドラマのおかしな関西弁には違和感がありますが、東京の友人は違いがわからないと言ってました。きっと東北弁や名古屋弁とかもジモティが聞いたらヘンなんでしょうね。何でも、わかる人だけがわかる訳ですが、本物って大事ですよね。

<< 佛光寺さんのオススメ 食べた人だけが知っている >>