さくらさく日に

f0119179_2143092.jpg平年より5日早く、京都でも水曜に桜が開花したそうです。この「桜」はソメイヨシノの標本木のことで、妙覚寺大門前のしだれ桜は結構咲いてました。
久しぶりに俵屋吉富小川店併設の「茶ろんたわらや」を訪れました。カフェスペースは奥まった場所にある隠れ家的スペースなんですが、近くの宝鏡寺で春の人形展が行われているのでどうだろうと思って入ってみると、やはりほぼ満席でした。でも人形展が既に終わった時間だったので、程なく空いて来ました。お願いしたのはホットのカフェオーレ(594円)。2種類の俵型のお砂糖が入った器とお揃いのカップで頂きます。前回の記事が2年以上前とは思えないくらい、ほぼおんなじ写真でスイマセン。変わらぬ静けさが心地いいです。、今、小川店限定の桜きんとんがあって、緑の台にピンクの桜があしらわれて綺f0119179_2391384.jpg麗でした。このところバームクーヘンなどを食べたりしたので自粛しましたが、中はつぶあんだそうで、次もあれば是非食べてみたい。いつまであるか日が決まってる訳ではなく、「桜が散るまで」とのこと。こういうところが季節のうつろいと共に作られる京菓子らしくて良いですね。
★茶ろん たわらや
寺之内通小川西入る
075-411-0114
10時~17時 
火休
http://www.kyogashi.co.jp/b-2.html
[PR]
by mmcmp | 2016-03-23 23:14 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 事務所に直行 いい仕事を味わう >>