フライエリアの夕食

f0119179_22592563.jpg実は父が昨年末にまた転倒骨折して入院し、1月末に太子道の病院にリハビリ転院、先週漸く退院しました。病院帰りにごはんを食べて帰ることも多かったんですが、円町、太子道界隈って洋食屋さんが多いんですね。洋食屋以外に「クック和楽」にもとんかつがあったし、蕎麦屋さんにエビカツ定食があったり、カフェにエビフライのせオムライスがあったり、この辺の人達って、どんだけフライものが好きなんだ・・・という感じ。その中で一番良かったのが西大路から新二条を西に入ってすぐの「スロウフロウ」。写真は先週食べたハンバーグとエビフライのセットで味噌汁、パンかライスが付きます。厨房からペタンペタンという音が聞こえ、注文してから成形してハンバーグを焼いてくださってる様子。肉汁がホントにたっぷりで満足度が高いです。エビフライが有頭なのも嬉しい。スープ、サラダ、パンかライス、とろとろブリンがついた夜ランチというのも日替わりで数種あります。夜ランチって不思議な概念ではあるけど、なんかテンションが上がるネーミング。
他の店ではぶた天がウリのMは午後5時から夜の営業されてて重宝。Kは盛りつけが美しく、店主のこだわりも感じるんですが、入ってすぐのスペースが雑然とし、ゴキブリにも遭遇して残念。円町近くのOは定休日を避けたのに臨時休業、西大路通りのCは定休日で未訪問。「スロウフロウ」から通りを挟んですぐの「キッチン華」は近所の常連客の店という感じだったんですが、食事中I先生から電話が入り、2月の寒空の中、外に出て結構長く話して店に戻ったら、味噌汁のお椀にフタが、ごはんにラップがかけられていました。そういう対応をして頂いたのは初めて。心遣いに感動しました。下の写真はその時いただいた「華スf0119179_2333841.jpgペシャル」。表に食材の産地を掲示してるのも好感が持てました。データはスロウフロウのみで失礼します。
★slowflow
西ノ京北壺井町
801-1670
11時~14時 
17時30分~
21時30分 
日・祝休
http://slowflow-factory.sakura.ne.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-04-25 23:47 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< ずっと大好き☆ 狭~い空間でいただくエクレア >>