ふーきは山吹

f0119179_23255539.jpg「フランジパニ」を出た後、久しぶりに「ふーきちりめん北見」に寄りました。自家農園で採れた食材を添加物を使わずに炊き上げる北見さん。上賀茂神社の手づくり市などでもよく見かけますが、手づくり市では普段入手が難しい遠方のものやちょっと行くのが不便な場所にある店を優先して買うので、鞍馬口に店を構える北見さんは、つい素通りしてしまいます。
今回のお目当ては店名にもなっている「ふーきちりめん」。「ふーき」はふき、山吹のことで、自家栽培の山吹の葉にちりめんじゃこと山椒の実を入れて炊いたもの。ふきの佃煮って茎のイメージだけど、こちらは葉が使われていて、独特の苦味に山椒のアクセントが絶妙で、食が進みます。世間は低炭水化物ダイエットが流行ってますが、モモ母家はパンもごはんも必需品。勿論、食べ過ぎないように心がけてはいるけど、父が大のごはん好きなので、ごはんのお供は欠かせません。今は「うね乃」の「かつお梅」と、このふーきちりめんが重宝しています。そうそう、かつお梅がなくなって来たのf0119179_23585940.jpgで、佛光寺に買いに行こうかと思っていたら、伊勢丹地下の食料品売り場で扱ってました。「フォロ」のドレッシングもあったから、なくなったら伊勢丹で買おうと思います。北見さんでは今回は買わなかったけど、美味しそうな赤紫蘇の佃煮も見かけました。
★ふーきちりめん北見
鞍馬口通烏丸東入
075-432-0501
9時30分~18時30分 
木休
http://www.fuuki-chirimen.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-04-28 23:25 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「俺たちは天使じゃない」 ずっと大好き☆ >>