ようこそ京都へ!

f0119179_22572847.jpg船岡山のバス停からすぐの創作うどんの店「一麦七菜」を訪れました。変わった名前、「いちばくななさい」と読むそうです。お願いしたのはお品書きの表紙にあった「冷七菜」(1080円)。冷たいうどんに季節の野菜の揚げびたしが7品。あ、1つの小麦と7つの野菜か・・と注文してから店名の意味に気づいたモモ母でした。
この日の野菜は九条ねぎに椎茸、かぼちゃ、みょうが、茄子、さつまいも、筍、そして蒲鉾。自家製麺は細くて適度なコシ。おだしで食べるむっちりやわらかな関西うどんに親しんで来たモモ母には、讃岐うどんほどコシが強すぎず、丁度良い感じで気に入りました。麺は1.5倍と2倍の増量が可能です。みょうがや茄子などが彩良く盛り付けられて見た目も華やか、たくさんの種類の野菜が食べられるのも嬉しいです。温かいうどんやあんかけうどんの七菜もありました。冷たいうどんも花わさび(山葵の甘酢漬)や南高梅とわかめ、ねぎ納豆など種類が豊富。さらに明太子やうにのクリームうどんなるものも。和風だしの冷製パスタみたいな感じらしいです。どれも食べてみたくなりますね。お店は3月オープンで、以前は先日のタツヒトサトイと同じく神奈川でやっていたそう。ご主人は生まれは違うけど京都育ちだそうで、関東から京都に里帰り移転するのが最近の流行りなんでしょうか?美味しf0119179_2341535.jpgい店の移転は大歓迎、京都に来て頂いて、有難うございます! ちなみに店内写真も撮ったけど、帰りに寄った高桐院の青楓がキレイだったので、下の写真は高桐院にしてみました。
★一麦七菜
紫野下若草町
075-431-4970
11時30分~15時
金土日は17時~20時も営業
火休、不定休
お店のfacebook
[PR]
by mmcmp | 2016-05-30 23:45 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< シンプルゆえに 命日です >>