地元の野菜

f0119179_23372241.jpg土曜も暑かったですね、先が思いやられます・・・。暑さそのものも嫌だけど、暑い時期は葉物野菜の入手が難しくなるのが嫌。既に近所のスーパーのレタス、サニーレタスの類は、殆どがモモ母が買うのを控えてる産地のものになりつつあります。幸い、上賀茂等の農家さんの振売りがあるので助かってますが、店売りで確実に地元産なのが「時待ち食」。京の旬野菜販売所は市内各地にあって、モモ母は烏丸北大路バス停近くの「時待ち食」を利用しています。
最近はサニーレタス、ブロッコリー、トマト、モロヘイヤ、キャベツ等が並んでいます。トマトは人気の「樋口農園」のものも。2013年の見事な出来を知っていると、ここ数年はもう一歩と言う感じですが、店の方によると、モモ母以外にも同じ感想のお客さんが多い様で、そのせいか以前は2つで600円近い強気の値段設定だったのが、今は4つで450円前後と他の農家さんと変わらない価格。勿論湯むきしたら赤f0119179_0293111.jpgみがなくなるスーパーのトマトと違って、ちゃんと中まで赤い。先日買った水沢農園さんのものも同様です。そして今、気に入ってるのが「だん弥」さんのレッドオニオン。マヨネーズと醤油で和えることが多いんですが、辛味が少なく、水にさらす時間が短くても美味しく食べられます。今回はやや小さかったので、ミニサイズが一緒に袋に入ってました。何だかオマケみたいで得した気分です。
★時待ち食
11時~18時 日・水休
075-491-5920
[PR]
by mmcmp | 2016-06-12 00:50 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< ちっちゃなパティスリーカフェ 番犬に目覚める?? >>