7月末日、黄檗に行く

f0119179_23462187.jpgゴールデンウイークに大阪で「アルカディア」を観る為に京阪の土日祝日割引切符を買っておき、出町柳の改札を通ろうとしたらピンポーンと音がして、閉まってしまいました。「今日は平日です」と駅員さん。げっ、観劇日は連休の合間の平日でした。その切符が7月末日で無効になる為、それなら移転後行ってなかった「たま木亭」に行こうと黄檗に出かけました。行ってみてわかった、一昨年の記事は間違い。駅に近い駐車場は駐車場のままで、移転先は旧店舗より100メートル先にありました。かなり大きくなったけど、相変わらずお客さんで満員でした。
大納言小豆がたくさん入ったカスタードクリームの下にお餅を敷いた「おもち大納言クリーム仕立て」やハード系に宮崎産の炭火焼き鳥と青ネギを入れた「宮崎」、ふくやの明太子を入れてあられを乗せたこぷりの明太子フランス「博多」など、「パンデュース」以上に下世話なパンが一杯。そしてどれも見事なバランスで美味しい。牛すじが絶妙のカレーパンは、焼きあがったばかりでラッキーでした。昔、ラジオの「うまいもん」コーナーで取材した時に、作り方を少しずつ変えてるとおっしゃってましたが、今も進化し続けてるんでしょうか? そしてシンプルなバゲットとマニトバを。やわらかf0119179_0215321.jpgな食感のマニトバは初めて買ったけど、帰宅してナイフを入れた瞬間、見事な焼き具合に目を見張りました。こんな芸術的なパン、久しぶりに見た気がする。遊びのあるパンも正統派もどっちもクオリティ高いから、幅広い層のパン好きに支持されるんですね。
たま木亭
宇治市五ケ庄平野
0774-38-1801
7時~18時45分
月・火休
[PR]
by mmcmp | 2016-07-31 23:33 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< もちろん、こっちにも☆ きのこ婦人のドイツ菓子 >>