本当に大事なお店

f0119179_23325219.jpg耐震工事が始まった当初、長時間の騒音がむぎちゃんのストレスにならない様に、ちょっと長めのお散歩に行ったり、父が短期入所している高齢者施設に連れて行ったりしていました。暑さも今ほどではなかったから、鞍馬口の「フランジパニ」にもお邪魔しました。いつもの奥の席にお客さんがおられたので、窓に近い席へ。近くのお客さんに迷惑かけないか心配したけど、着物姿の女性がむぎちゃんのことを気に入って下さったのでホッとしました。暫くしたら、いつもの席が空き、お店の方が「向こうに移動されますか?」と声をかけて下さり、奥まった席へ移動。安心して長居させて頂きました。帰る前にトイレに行ったら、途端にむぎちゃんがピーピー不安そうな声で鳴き出したそうで、モモ母が戻るまでお店の方がずっと相手をして下さった様です。
この日お願いしたのは「ケークサレ」のキャベツのチーズ巻きとツナのケーク。玉ねぎもありますが、モモ母は専らキャベツの方を選んでいます。グリーンサラダもたっぷりで、珈琲も美味しく、大好きな「フランジパニ」の中でも特に好きなメニュー。好きな空間で愛犬と一緒に好きなものを食べて過ごせるというのは、本当にシアワセなことです。以前大事なお店と題して「クロア」さんの記事を書きました。その気持ちは今も変わっていませんが、モモ母にとって大事なカフェをあげるなら、このフランジパニと北白川の「ノリズ」と新大宮の「昼行燈」。一昨日の記事に書いた様にノリズは閉店し、昼行燈も長期休業から再開ならぬまま、ご一家は転居されましf0119179_23571698.jpgた。ご店主は新たな場所での再開を希望されていますが、かつて店だった場所がもぬけの殻になってるのを見るのは寂しいものです。「フランジパニ」は珈琲の美味しさを教えて下さり、認知症の父や犬連れでも歓迎して下さる、モモ母にとって本当に大事なお店。良い店が近くにある有難さを改めて痛感しています。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2016-08-07 23:31 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 平成の玉音放送 こむぎの夏 >>